無料OS『Linux Mint』…色々あるバリエーションを見てみる!

以前、さらっと触れただけのLinux Mintですが、OSの人気やネット上の情報量などからみると、ここでの情報が少ないので少し気になっていました。

今回は、「Linux Mint 18.2 “Sonya”」について、各種エディションにの違いや選ぶポイントについて、まとめてみました。

Linux Mint 18.2 “Sonya”についてはベータ版の情報が下記にありますので、よろしければご覧ください。

以前の記事でWindows Vistaからの乗り換えをオススメしておいて、そのままでしたので、今回は、Linux Mintを取り上げました。...

Linux Mintには4つのエディション

UbuntuベースのディストリビューションであるLinux Mintには、Cinamon、MATE、Xfce、KDEの4タイプのデスクトップ環境の違いがあります。

どれを選んだらいいいのか迷う前に、古いPCで使いたい場合にはシステム要件の違いがあるので、まず最初に確認しておく必要があるでしょう。

Cinamon、MATE、Xfceの3つのエディション

システム要件
  • RAM:1GB(2GBを推奨)
  • ディスク容量:15GB(20GBを推奨)
  • 画面解像度:1024×768

KDEについては、RAMだけが2GB必要になり、それ以外は同じです。

つまり、軽さを求める必要のある古いPCで利用する場合は、選べないエディションとなります。

  • Cinnamon:最新で革新的なフル機能のデスクトップ環境
  • MATE:より安定して、軽めなので無難な印象
  • Xfce:最も軽量でシンプル、古いPCでも対応可
  • KDE:スペックが必要で、好き嫌いがあるかも?

エディションの違いは、機能やパフォーマンス以外にも、メニュー、パネル、設定ツールが異なります。

試してみるWindows PCは、32bitか64bitか?

Windowsでの確認方法は以下のマイクロソフトサイトにあります。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/958406

もし、間違えて異なるbit数のOSを用意して、ライブ起動しようとしても、起動できないという以外には、全く問題はありません

それぞれのデスクトップとメニュー表示

以下の各エディションについて、ライブ起動で日本語化はしていませんが、デスクトップとメニューについての映像になります。

なお、VirtualBoxにてメモリーを2GBを割り当てていますが、録画により本体PCのリソースを消費し、VirtualBoxにも多少の影響が出ています。

そのため、各エディションの違いで、動きが若干スローに変わってきていますので、軽さの違いの見極めにも役立ちます。

Cinnamon

MATE

Xfce

KDE

まとめ

Linux Mint 18.2 “Sonya”の各種エディションについて

Linux Mintには、Cinamon、MATE、Xfce、KDEの4タイプのデスクトップ環境の違いがあります。

Cinamon、MATE、Xfceの3つのエディションのシステム要件
  • RAM:1GB(2GBを推奨)
  • ディスク容量:15GB(20GBを推奨)
  • 画面解像度:1024×768

KDEは、RAMだけが2GB必要、それ以外の同じ

古いVistaレベルのOSが入っていたPCならば、XfceかMATEになります。

尚、それぞれ機能やパフォーマンス、メニュー、パネル、設定ツールが異なります。

32か64かそれが問題?

もし、あなたのWindows PCのbit数が不明な場合は、マイクロソフトで確認方法を示していますので、ご確認ください。

また、間違えても起動しないだけで、PCに問題が起きることはありません。

Windowsとは異なり、無料のOSですから、PCのスペックが許せば問題が無いので、ひとつに絞り込む必要もなく、まずどんどん試して使ってみましょう。