無料OS『KaOS 2017.09』…Windowsからの乗り換えもいける!

Linux OSを見る基準は、Windowsしか使ったことがない人がなんとなく使えるのかというところ…具体的には、以下のポイントに注目して紹介させてもらっています。

  • コマンド入力を使わなくても、マウスだけでほとんどの操作が可能か?
  • インストール時点で、使いやすいデスクトップ環境になっているか?(Windowsライクか?)
  • インストールが難しくないか?

大きくは、この3つの基準で検討しています。

このような観点から見て『KaOS 2017.09』を今回記事にしました。

まずはデスクトップを見てみましょう

Arch Linuxにインスパイア されたKaOSは、ローリング・リリースシステムを採用しているディストリビューションです。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

ちなみに、ローリング・リリースとは、最新のアップデートとセキュリティパッチが作成されれば、すぐに提供して行くのが良いという考えで、常にアップデートしていきます。

インストール段階から入っているアプリケーションソフトは、マルチメディアやグラフィックス、ユーティリティ関連が主体です。

アプリケーションソフトの名称はほとんどが英語なので、少しわかりにくいかもしれません。

システム要件

HDDのスペースに必要な最小限の容量は8GBですが、25GBを推奨します。

RAMは1GBを搭載していればインストールできますが、2GBであれば十分です。 また、CPUは64ビット対応のみとなります。

残念ながら、古いWindowsパソコンでは対応が難しいですね。

Windowsのバージョンでみれば、『7』あたりのエントリーマシンクラスで利用できると思われます。

ダウンロード

https://kaosx.us/pages/download/

左のメニュー『ISO』のリンクからダウンロードしてください。

ダウンロード後は、ISOイメージをUSBメモリなどに書き込んでください。

インストールしてみよう

USBメモリなどからライブ起動すると『Welcome』画面がでますので、ここからインストールします。

インストールは日本語でできませんので、英語のままインストールします。

特に難しい部分はないと思いますので、流れをゆっくりとしたGIFアニメにしています。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

HDDを消去してまっさらの状態でインストールする例です。

インストール前の設定が終わると、最終確認のアラート画面が出ます。

インストールが終了するまで少し時間がかかりますが、終了したら指示にしたがって再起動するなどしてください。

日本語化

インストールが終わった段階では、まだ英語ですので、これから日本語化を行います。

System Settings から行います。

下の方にあるPersonalizationの『Regional Settings』をクリックします。

上のGIF画像をクリックすると拡大表示できます

左のボックスにある日本語を選択反転させ→ボタンを押して右へ移動させます。

そして、右下の『Apply』ボタンを押します。

その後は、ログアウト、ログインを行って日本語になっているか確認します。

まとめ

KaOSは、ローリング・リリースシステムを採用しているディストリビューションです。

インストール段階から入っているアプリケーションソフトは、マルチメディアやグラフィックス、ユーティリティ関連が主体です。

システム要件

HDDのスペース:最小限の容量は8GB、25GBを推奨

RAMは1GBあればインストール可能、2GBであれば十分

CPUは64ビットのみ対応

ダウンロード

https://kaosx.us/pages/download/

インストール

インストールは日本語でできません。
英語のままインストールし、後で日本語化します。

日本語化はSystem Settings から行います。

下の方にあるPersonalizationの『Regional Settings』をクリックして設定します。

その後は、ログアウト、ログインを行ってください。