無料OS『MakuluLinux』…Windows風で簡単カスタマイズ!

日本ではあまり馴染みがないのではと思いますが、MakuluLinuxは南アフリカ産のDebianベースのディストリビューションで、扱いやすい無料OSです。

また、デスクトップもWindows風に細部まで、簡単にカスタマイズができるようになっています。

尚、ソフト類もそこそこプリインストールされていますので、Windowsから乗り換えても、ある程度スムーズに移行することができると思われます。

尚、インストールは別記事になりますので、以下を参照してください。

「MakuluLinux 14 LinDoz 2018」のインストールから日本語入力までを取り上げます。USBメモリへの書き込みは、UNetbootinにて作成。実際にUSBメモリに入れてライブ起動させた場合と、VirtualBoxで起動させた場合と異なります。

『MakuluLinux』のデスクトップはこんな感じ

MakuluLinux 14 LinDoz 2018は、立ち上げた瞬間からWindowsライクなので、Windowsしか使ってこなかった方でも、さほど違和感なく使うことができるでしょう。

この映像は、VirtualBoxにて、メモリー2GBを割り当てています。

録画していることもあり、少しモッサリ感があると思いますが、実際にはもう少し軽い感じです。

好きなようにWindows風にカスタマイズ

元々Windowsテイストではありますが、さらに細かく設定することで、あなた好みにカスタマイズすることができます(メニュー → システム設定 → テーマ)。

以下のGIFアニメの右下のナンバーと、説明のナンバーはリンクしています。

  1. 30種類のウィンドウ境界テーマ
    ウインドウの右上にあるボタンをカスタマイズできます。
  2. 8種類のアイコンセット
    フォルダーアイコンのスタイルをカスタマイズできます。
  3. 11種類のコントロールテーマ
    コントロール部分のアイコン表示をカスタマイズできます。
  4. 11種類のマウスポインター・カーソルセット
    マウスポインターをカスタマイズできます。
  5. 16種類のデスクトップ・シェルテーマ
    Windows XP、Windows VistaからWindows 10などのデザインにカスタマイズできます。

これらを組み合わせて、あなただけのMakuluLinuxを組み上げることができます。

綺麗な背景画もはじめから多数

最初から綺麗な背景画がある程度あると、非常に助かりますし、雰囲気も断然よくなります(メニュー → システム設定 → テーマ)

41枚の壁紙から自由にセレクト

ダウンロード

対応アーキテクチャ x86_64

公式サイト

http://www.makululinux.com/wp/downloads/

公式サイトは、ダウンロード前に寄付($ 0.00可能)のボタンをチェックする必要がありますので、気になる方は以下から、何も気にせずダウロード可能です。

SourceForge.net

https://sourceforge.net/projects/makulu/

『MakuluLinux』を使ってみて

綺麗なデスクトップ環境なので、それなりにスペックが必要になってしまうのが、欠点といえば欠点ですが、64bit対応になっていますので、Windows 7レベルの普及機ならば全く問題ないでしょう。

また、メニューが独特ですが、使いやすく違和感はあまりありません。

尚、インストールや日本語化、そして日本語入力については、別記事にいたします。

まとめ

MakuluLinuxはDebianベースのディストリビューションです。

デスクトップもWindows風に簡単にカスタマイズが可能。

ソフト類もそこそこプリインストールされており、即使用できます。

MakuluLinuxの以下の各所を細かく設定することで、あなた好みにカスタマイズできます。

  • 30種類のウィンドウ境界テーマ
  • 8種類のアイコンセット
  • 11種類のコントロールテーマ
  • 11種類のマウスポインター・カーソルセット
  • 16種類のデスクトップ・シェルテーマ
  • 41枚の背景画
ダウンロード

『MakuluLinux』64bitのみの対応

MakuluLinux公式サイトからダウンロード

SourceForge.netからダウンロード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする