料OS『Peppermint 8』たった3日で…メインPCのOSに昇格!

2018年2月8日に記事にしましたが、デュアルブートという形で、Linux MintとPeppermintをメインPCに入れました。

最初は、所詮テストだから、とりあえず1ヶ月位使ってから、他をまた入れればいいな…と思っていましたが違いました。

その時のインストール記事は、下記になります。

Peppermint OSは、LubuntuベースのLinuxディストリビューションです。最低推奨仕様(最小システム要件)メモリ:1GB、Intel x86アーキテクチャに基づくプロセッサ、少なくとも4GBの空きディスク容量。メモリは、半分でも稼働します。

Windowsライクな感じが良い

もともと印象は良かったものの「Ubuntu」や「Linux Mint」などの人気OSと比べてしまうと、個人的にではありますが、どうしても見劣りすると感じていました。

しかし2017年の6月ごろ、実際にインストールしてみたら、そこそこ使いやすそうなOSだと理解でき、そのあたりから、なんとなく興味を持ち続けていたわけです。

それにWindowsライクなデスクトップですから、Windowsから乗り換えたいと思っている方も、安心できると思います。

軽さとOSの質感のバランスが良い

ここではメモリだけを見てみますが、公式サイトが英語表記なので直訳表現のため、微妙になっております。

  • 絶対最小仕様:メモリ:512MB
  • 最低推奨仕様:メモリ:1GB
  • 推奨最小仕様:メモリ:2GB

ぶっちゃけた話、以下の感じになるでしょう。

  • 動かすだけなら512MBで、ノロノロ動く
  • PCとして、使うなら最低1GBあれば使える
  • 普通にストレスを感じないレベルなら2GBは必要

ということで、ご理解いただければ良いと思いますが、PCによってはCPUや他の環境に左右されるので、絶対ではありませんので、ご了承ください。

軽いだけなら、他にも気に入っているOSはいくつかありますが、質感があって良いと感じます(非常に曖昧な表現ですが…)。

こんな便利アプリも最初から

オンラインサービスなどをアプリ化してしまうソフト「ICE」が、はじめから入っています。

以下は、『Peppermint 8』でアプリ化についての記事になります。

アプリを簡単に作ると言えば非常に聞こえが良いのですが、実際にはWEBサイトやWEBゲームなどのWEBサービスをアプリ化するICEというソフト...

Linuxで弱い部分もこれで補填

個人的にWindowsと比べて弱く感じている部分ですが、以下の2分野になります。

  • 音声読み上げソフト
  • 文書校正ソフト

そこで、先ほどのICEの出番です。

オンラインサービスなら、Linuxでも使えますが、ブラウザーベースですと、若干ですが使い勝手が悪いので、気になっていたのです。

しかし、ICEでアプリ化してしまうことで、オンラインには代わりありませんが、インターフェイス的に使いやすくなりますので、利用してもいいかなという気にさせます。

音声読み上げサービスをアプリ化したスクリーンショット

http://text-to-speech.imtranslator.net/

文書校正サービスをアプリ化したスクリーンショット

https://so-zou.jp/web-app/text/proofreading/

もちろん、ネット上に情報が流れるのが気になるという場合は、アプリ化しても変わりませんので…そこはご了承ください。

Peppermint 8の感想

正式には『Peppermint 8 Respin-2』についての感想ですが、日本語でのインストールが簡単にできないので、インストール時点でやめてしまうこともあるのでは?

実際に日本語化と日本語入力をできるようにしてしまえば、きっともっとシェアを伸ばすと思います。

先ほど、軽いけど質感のあるOSだと表現していましたが、料理で言うなら以下のような感じでしょう。

「安くて旨いけど少ない」ではなく

「安くて旨いのは当然だけど、その上ボリュームもある」

というような「OS」だと思ってもらうと良いでしょう。

もちろん、個人的な感想ですし、どのような作業や目的で使うかによっても異なります。

また、デフォルトでの利用状況によりますので、色々と細かなカスタマイズのできるかたは、弘法筆を選ばずということになるので、違った意見をお持ちのことでしょう。

まとめ

Peppermint 8がメインPCのメインOSに昇格しました。

  • Windowsライクな感じで、Windowsから乗り換えたいと思っている方も、安心できます。
  • 普通にストレスを感じないレベルなら2GBは必要ですが、今現役のPCならば、普通はメモリが最低2GBですので、問題ありませんね。
  • オンラインサービスをアプリ化してしまうソフトが、はじめから入っていて、音声読み上げや文書校正などのサービスもアプリ化してしまえます。
料理で言うなら「安くて旨く、その上ボリュームもある」というような「OS」です。

もちろん、個人的な感想ですし、使い方などでは異なるかもしれませんので、ご了承ください。