無料OS『wattOS』R10 LXDEは軽い…古いWindowsノートもOK!

2016年9月1日リリースされたR10ですが、もうすぐR11がでそうですので、一度R10 LXDEを確認しておこうと思います。

R8はDebianベースでしたが、R9、R10とUbuntuベースになっています。

R10はUbuntu 16.04.1 LTSをベースにしたLXDEデスクトップとMicrowattの2つのエディションがありますが、今回はWindowsの古いマシンからの乗り換えを意識して、R10 LXDEをインストールしてみます。

デスクトップはこんな感じ

まさに古いWindowsのような雰囲気のLXDEですが、動きは軽いので、GIFアニメでみていただいているような感じです。

もともと省電力と軽さを意識した名前で、watt(ワット)とは仕事率や電力、工率、放射束をあらわす単位です。

そんな、wattOSは、インストール後のソフトを見ても最小限の構成で、とてもシンプルです。

ダウンロードとお試し用のUSBメモリの作り方

http://planetwatt.com/new/index.php/downloads/

まずは、公式サイトからダウンロードしてきましょう。

USBメモリから起動させてお試しをしてみます

起動できるUSBメモリのつくりかたは、以下の関連記事をご覧ください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

ライブ起動でIDとパスワーどをもとめてきた場合は
ID:guest PASS:何も入力しません。

インストールしてみる

ライブ起動した状態では、英語環境ですが、そのままインストールします。

デスクトップにあるインストールアイコンをクリックしてインストールを始めます。

言語選択で、日本語のあたりは文字化けしていますので、英語のままインストールします。

あとは、デュアルブートにしなくてもよいなら、流れのままインストールすれば大丈夫です。

インストールが終了したら、再起動します。

立ち上がったら、アップデートを行って、言語サポートに移ります。

設定画面では、日本語があると思われるところが、やはり文字化けしていますが、マウスでつまむ形でドラッグして、英語の上(一番上まで)移動させます。

その後は下の、Keyboard input method systemを「fictix」などに変え、2つ上の「Apply…」ボタンで確定させます。

そこまで済んだら、 ログアウト、ログインして、日本語になっているのかを確認します。

インストールされているソフトは少なくすっきり

古いパソコンの場合は、あまり色々とインストールすることもできないかもしれませんので、逆にありがたい面もあります。

あとは、あなたの好みでソフトウエアーをインストールしましょう。

まとめ

2016年9月1日リリースされたR10 LXDEを確認しておこうと思います。

R10はUbuntu 16.04.1 LTSをベースにしたLXDEデスクトップで、省電力と軽さを意識した名前で、watt(ワット)とは仕事率や電力、工率、放射束をあらわす単位です。

インストール後のソフトを見ても最小限の構成で、とてもシンプルです。

ダウンロード

http://planetwatt.com/new/index.php/downloads/

インストールしてみる

ライブ起動した状態では、英語環境ですが、そのままインストールします。

デュアルブートにしなくてもよいなら、流れのままインストールすれば大丈夫です。

インストールが終了したら、再起動します。

立ち上がったら、アップデートを行って、言語サポートに移ります。

設定画面では、日本語があると思われるところが、やはり文字化けしていますが、マウスでつまむ形でドラッグして、英語の上(一番上まで)移動させます。

その後は下の、Keyboard input method systemを「fictix」などに変え、2つ上の「Apply…」ボタンで確定させます。

そこまで済んだら、 ログアウト、ログインしてください。

シェアする

フォローする