無料OS『MakuluLinux』…インストールから日本語入力!

前記事では「MakuluLinux 14 LinDoz 2018」の紹介をしましたが、今回はインストールから日本語入力までを取り上げます。

MakuluLinuxとは、どんなOSかを確認されたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

MakuluLinuxは、Debianベースのディストリビューションです。Windowsライクなデスクトップで、ソフト類もそこそこプリインストールされており、即使用できます。また、MakuluLinuxを細かく設定することで、あなた好みに簡単カスタマイズできます。

インストールと起動テストについて

インストールテストは、VirtualBox Ver5.2.4にて、計2回行っています。

ライブ起動テストは、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行いました。

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

USBメモリからのライブ起動について

実際にUSBメモリに入れてライブ起動させた場合と、VirtualBoxで起動させた場合と異なりますので、ご注意ください。

VirtualBoxの場合は、ライブ起動する前にユーザー名とパスワードの入力が必要でした。

  • ユーザー名:makulu
  • パスワード:makulu

UNetbootinでUSBメモリに入れた場合は、そのままライブ起動しています。

ブートローダーの違いでそうなるようなので、UNetbootin以外でブーターブルUSBメモリを作った場合は、気に留めておいてください。

MakuluLinuxのインストールはとっても簡単

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「次へ」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

1.ライブ起動をしたデスクトップにある「Live Installer」アイコンをクリックして、インストーラーを起動します。

2.インストーラーウインドウの左下にある「Launch Installer」をクリックし、インストールを開始すると、パスワードを求められますので「makulu」と入力します。

3.言語設定で、「Japanese」を選択します。

4.地図の東京のあたりをクリックすると、地域「Asia」、ゾーン「Tokyo」が自動的に入力されます。

5.キーボードを設定しますので、左側のリストから一般的なキーボードスタイル「Japanese」等を選び、右はあなたのキーボードに合わせてください(上部に見本が出ています)。

6.ディスクを削除して、インストールします。

削除したくない場合は、別途「手動パーティション」で対応してください。

7.あなたのユーザー名やパスワードを設定してください。

8.いままでの設定の確認画面ですので、問題がなければ、インストールへと進めてください。

9.インストールが完了したので、左下の「今すく再起動」にチェックをいれて「実行」を押してください。

インストール後の再起動

インストールメディアを抜く指示がなく、最初の画面が出てしまった場合は、「Boot hard disk」を選択してください。

すると、ハードディスクのブートローダーが起動しますので、USBメモリを抜き出してください。

そして、一番上の「MakuluLinux LinDoz」を起動します。

MakuluLinuxの日本語入力はFcitxをいれよう

コマンドで行う方が簡単ですので、端末を起動させて、以下のコマンドを実行します。

まずは、アップデートしておきます。

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

ログアウト、ログインを行ってから、日本語の入力確認をしてください。

まとめ

「MakuluLinux 14 LinDoz 2018」のインストールから日本語入力までを取り上げます。

USBメモリへの書き込みは、UNetbootinにて作成。

実際にUSBメモリに入れてライブ起動させた場合と、VirtualBoxで起動させた場合と異なります。

VirtualBox:ライブ起動する前にユーザー名とパスワードの入力が必要。

  • ユーザー名:makulu
  • パスワード:makulu

UNetbootinでUSBメモリに入れた場合は、そのままライブ起動しています。

MakuluLinuxのインストール開始時に、パスワードを求められますので「makulu」と入力。

あとは、流れに乗って入力やチェックをしてくだけで、簡単にインストールが終了します。

日本語入力はFcitxをコマンドで入れるのが簡単です。

アップデード後、端末から以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

ログアウト、ログインを行ってから、日本語の入力確認をしてください。