無料OS『Fedora』最新技術を積極的に…古いPCでも可能?

Fedoraは、Red Hat社が支援するコミュニティー「Fedora Project」によって開発されているLinuxディストリビューションです。

また、最新の技術を積極的に取り込むFedoraを、古いPCを再利用するということがテーマの一つである当ブログでは、なんとなく敬遠してきました。

それに、Fedoraのデフォルトのデスクトップ環境は、GNOMEのため、個人的に使いにくい感があり、食わず嫌いでした。

Fedoraのデスクトップはこんな雰囲気

今回は2つのデスクトップ環境を試しましたので、最初はデフォルトの「GNOME」

VirtualBoxで、メモリ2GBを割り当ててキャプチャー

Windowsから乗り換えようと考えると、少し躊躇してしまうインターフェースですが、スマホ的とも言えますので、好き嫌いは人によりますね…

次は、公式サイトで、軽量、高速、低リソースのデスクトップ環境と表現している「LXDE」

VirtualBoxで、メモリ2GBを割り当ててキャプチャー

同じメモリを割り当てていますが、全然軽い感じに操作できます。

『Fedora』の特徴

今回インストールしているのは、「Fedora 27」2017年11月14日にリリースされたものです。

また、デスクトップ環境についても、前述の2つだけではありません。

  • KDE Plasma
  • Xfce
  • LXQT
  • MATE Compiz
  • Cinnamon
  • SOAS(Sugar on a Stick)

これら、Fedoraのカスタムバリエーションも配布しています。

システム要件

  • CPU:少なくとも1GHz
  • メモリ:1GB
  • 空きディスク容量:10GB

公式サイトにあった記述ですが、メモリ1GBのテストをしてみると、以下のような感じになりました。

デスクトップ環境がデフォルトの「GNOME」の場合は、起動はしますが、Firefoxの立ち上げに1分程度かかりました。

また、デスクトップ環境が「LXDE」の場合は、OSの起動やアプリの起動も、メモリが少ないと知らなければ、さほど遅いという気もしませんでした(いつも1〜2GBでテストしているため、遅いのになれているからかも…)。

尚、メモリの容量確認は、VirtualBoxにてメモリ1GBを割り当てて行っていますので、実機でのテストと異なる場合があります(CPUの違いもあり)。

結論としては、色々なデスクトップのバリエーションを考えれば、メモリについては2GB以上必要でしょう。

アプリケーション

それぞれのデスクトップ環境によって、アプリケーションのプリインストールは異なり、特色があります。

追加するには、ソフトウエアのアプリから簡単にインストールできますので、好みのものを入れましょう。

なお、Fedoraのカスタムバリエーションについては、次回にします。

まとめ

Fedoraは、Red Hat社が支援するコミュニティー「Fedora Project」によって開発され、最新の技術を積極的に取り込むディストリビューション。

今回は「Fedora 27」2017年11月14日リリースをインストールしました。

また、デスクトップ環境については以下のカスタムバリエーションがあり、それぞれ特徴があります。

  • GNOME(デフォルト)
  • LXDE
  • KDE Plasma
  • Xfce
  • LXQT
  • MATE Compiz
  • Cinnamon
  • SOAS(Sugar on a Stick)

システム要件は以下の通りです。

  • CPU:少なくとも1GHz
  • メモリ:1GB
  • 空きディスク容量:10GB

GNOMEとLXDEをメモリ1GB(VirtualBoxにて)テストしたら、GNOMEは起動しますが、厳しい印象でした。

実質的にメモリは、2GBあったほうが無難でしょう。