Windows 10…Defender利用でタスクバー設定変更しよう!

Windows Defenderを使い始めて、かれこれ3ヶ月程度になりますが、なにも考えずに使っていたら気になることに気が付きました。

Defenderのタスクバーにあるアイコンが、注意の状態になっていたのに、隠れているので気が付かなかったことです。

Defender…実は結構良い感じなのに

「セキュリティソフトは何を使っているの?」と聞かれて、Defenderというと、「Windowsについている無料のやつね…」という反応がたまにあります。

ちょっとバカにされたような気がするのですが、Windows 10になってから、いい感じになってきています。

以前の記事がありますので、よろしければ参考にしてください。

Windows Defenderは無料ですが、他の無料のアンチウイルスソフトと比較して、低レベルということはありません。その上、Windows 10 Creators Update で、ランサムウェアを阻止できる機能が追加されています。

だけど、そのまま使うと少し問題が…

Windows Defenderが注意状態になっていたのに、デスクトップのタスクバー設定によっては、気が付かないこともあります。

これは、アイコンが隠れているので、通常は見ることができないようになっており、クリックして確認すれば見えますが、忙しかったりするとそのままにして、あとでびっくりなんてことも…(このGIFは例として用意した危険の状態)

また、Windowsから通知があっても、煩わしい通知であまり見なくなっていたり、設定によっては気づかなかったりと、問題があります。

今回の経験は、たまたま注意程度なので、問題ないとも言えますが、このように常にアイコンが見えれば、すぐに対処が可能。

もちろん、裏で稼働中の全部のアイコンを表示する必要はありませんが、取捨選択して表示できるようにすれば良いでしょう。

タスクバーの設定はこう変える

  1. タスクバーを右クリック
  2. 一番下の「タスクバーの設定」をクリック
  3. すると設定のタスクバーが開く
  4. 下にずらしていくと「通知領域」がある
  5. 「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリック
  6. 「Windows Defender notification icon」の設定を「オンオン」にする
  7. 他のアイコンは、状況を考えて設定

あとはそのまま閉じれば終了ですが、今回は「通知とアクション」も続いて設定しますので、左上の矢印をクリックして、最初のタスクバーの設定画面に戻しておきます(わかりやすくするために一度戻しているだけですので、どこから移動しても結構です)。

通知設定もチェックする

通知を何でも受けてしまう設定にしておくと、煩わしくなって、結局のところ気にしなくなってしまうと思います。

このようにオオカミ少年状態になってしまうと、大切なことを見逃してしまうかもしれません。

そのまえに、通知の設定を変更して、本当に必要なことだけを通知するようにしましょう。

通知はここで変更

先ほどのタスクバー設定の状態から続けます。

  1. タスクバーと書かれた左にある歯車マークをクリック
  2. 一番上に「システム」とあるのでクリック
  3. システムの中の「通知とアクション」をクリックして開く
  4. 必要なものを選んで「オン」にする

あとはそのまま閉じれば終了です。

なお、一度に設定を決めようとしないで、日にちをかけて行うのが良いでしょう。

まとめ

Windows 10 の設定によって変わりますが、デフォルトで稼働中のアプリアイコンが隠れていると思います。

その場合は、Windows Defenderの稼働状況の確認について、問題があっても見逃してしまうことが…

タスクバーの設定を変えて、必要なアプリアイコンの表示変更
  1. タスクバーを右クリック
  2. 「タスクバーの設定」をクリック
  3. 「通知領域」「タスクバーに表示するアイコンを選択します」を開く
  4. 「Windows Defender notification icon」の設定を「オン」にする
左上部にある歯車マークをクリック
  1. 「システム」をクリック
  2. 「通知とアクション」開き
  3. 必要なものを「オン」にする

あとはそのまま閉じれば終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする