GIFアニメ『LICEcap』…経過時間・タイトルも入力可能!

パソコンのデスクトップ上をキャプチャーして、動画や操作手順などを、簡単にGIFアニメーション化できる録画ツール。

もちろん無料で使えますので、このようなデスクトップ録画できるGIFアニメ化ソフトは、持っていても損はありません。

このブログでも以前「GifCam」を紹介しましたので、こちらも参考にしてください(違いがわかると思います)。

以前の記事では、WindowsのソフトでGIFアニメを作成する適当なソフトをご紹介していませんでした。 関連記事:GI...

GIFアニメーションで困っていること

いままで当ブログでは、デスクトップを録画して、GIFアニメ化する場合「GifCam」を利用してきました(単なるデスクトップ録画や画像をまとめてGIFアニメ化するのは別ソフトを利用)。

手軽に作れるのは良いのですが、ブログに掲載する場合は、いくつかの気になる点がありました。

GIFのサイズがバラバラになってしまう

GIFのサイズを自由に決めることができる反面、ブログで使う場合、1つの記事において連続作成すれば、同じサイズで作ることができますが、ページをまたいだり、別の記事になるとGIFのサイズを気にしていられませんので、バラバラになってしまいます。

もちろん、サイズを揃えることも可能ですが、多少手間がかかるので、ほとんどやっていません。

ループにするとスタートがわからない

何かの手順をGIFアニメ化したような場合は、どこが始まりかわからなくなってしまいますので、ステップが10前後あるような時には、ナンバーをつけるようにしています。

ちょっとした3ステップ位なら、あまりナンバーを付けたくないので、そのままループさせていますが、不親切であるかもしれません。

このような気になる点があるので、いつも気にしていたのですが、『LICEcap』が解決してくれそうです。

LICEcapとは

Windows、OSX(MacOS)、Linux(Wine利用)で使える、軽量のデスクトップ録画をGIFアニメーション化するGPLフリーソフトウェアです。

LICEcapとGifCamを比較してみる

LICEcapの特徴(メリット)
  • タイトルフレームを挿入することが可能
  • サイズの設定が簡単にできるため、同じサイズでいつでも作成可能
  • 細かな設定(経過時間を表示、リピート回数指定可能、マウスクリック時にエフェクト等)が可能

GifCamの特徴(メリット)
  • 使い方はすごく簡単で説明は、ほとんど不要
  • GIFとして、不要部分のカットなどの修正がソフト内で可能
  • インストール不要なので、いらなくなったらポイ捨てOK

使い分けの提案

メリットがそのまま使い分けの提案になりますが、具体的には以下のように分けて利用すればよいでしょう。

ブログに掲載して、手順などを示す場合は、LICEcapのがあっているでしょう。

動画からおもしろGIFアニメなどを作るような場合は、GifCamがあっていると思います(修正できるので、うまくリピートポイントを調整するなど可能)。

なお、ダウンロードや使い方については、以下になります。

解説型のGIFアニメに適している…と思う。タイトルを入れることができる上、録画経過時間も入るので、ステップや物事の流れを理解してもらうGIFアニメが有効でしょう。GFIアニメの作成の注意点は、カウントダウンが入って3秒後に録画開始になります。

まとめ

いままでGIFアニメーションで困っていること

現在利用しているGifCamでは…
  • いくつかのGIFアニメを作るとサイズがバラバラになってしまう(ひと手間かければできる)。
  • ループにするとスタートがわからないので、手順を示すのに困る。

このような点を『LICEcap』なら解決してくれそうです。

GifCamとLICEcapを比較

GifCamは、簡単に使えて、編集も可能(このメリットはおおきい)

LICEcapは、経過時間を表示でき、タイトル等を入れられ、サイズ指定も簡単、マウスクリックにエフェクトがかかる

双方使い分けることで、メリットを活かしたGIFアニメーションを作成することができそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする