Ubuntu 20.04.1 LTS…インストールと日本語入力まで!

今年の4月にリリースされた 20.04 LTS ですが、今回は「20.04.1 LTS」のインストールについて、さらっとまとめています。

蘊蓄なとは特にありませんので、ご了承ください。

スポンサーリンク

Ubuntu 20.04.1 LTS のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.8)にて起動・メニューなどの操作や日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

低スペックパソコン(CPU:1.7GH 2コア、メモリ:5GB)にて、VirtualBoxのゲストOSとしており、さらに録画の負荷もあると思われますので、デスクトップでのメニューの操作などに関してですが、鈍い感じがありました。

 

Ubuntu 20.04.1 LTS について

今回は、「ubuntu-20.04.1-desktop-amd64.iso」ファイルからインストールしています。

 

推奨システム要件

  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:4GBシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GBのハードドライブ
  • インターネットアクセス
  • DVDドライブまたはインストーラーメディア用のUSBポート

 

ダウンロード

公式サイト

https://www.ubuntu.com/

ダウンロードは「Download Ubuntu Desktop」ページより

https://ubuntu.com/download/desktop

 

インストール(VirtualBox)

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

再起動後の設定

オンラインアカウント、LivePatchのセットアップなどの設定を行うことができます。

ここでは、テストなので全てパスしました。

 

日本語入力について

日本語入力については、インストール後の再起動が終われば、入力可能になります。

デフォルトでの日本語入力への切替は、「Windowsキー」+「スペースキー」になります。

 

まとめ

Ubuntu 20.04.1 LTS(Focal Fossa)のインストール

「ubuntu-20.04.1-desktop-amd64.iso」ファイルを利用。

推奨システム要件
  • CPU:2GHzデュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:4GBシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GBのハードドライブ
ダウンロード

Download Ubuntu Desktop ページより

インストールと日本語入力の設定について

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

再起動後は日本語入力が可能になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました