Linuxがライブ起動しない…ブータブルUSBメモリ作成ツールが盲点に!

ブータブルUSBメモリから起動しない…こんなことで悩んでいませんか?

今回は、特に「ブータブルUSBメモリ作成ツール」をポイントにみてみます。

USBメモリからライブ起動しない様々な問題は、以下の記事を参考にしてください。

USBメモリからの起動には5つの壁があります。種類の壁:OS(iso)ファイルの種類。正確の壁:ファイルの正確性。有効の壁:ブータブルUSBメモリ作成ツールの有効性。設定の壁:BIOS(UEFI)の設定。仕様の壁:システム要件。このあたりを抑えておけば、USBメモリから起動できるはずです。

USBメモリに書き込むツールにも注意が必要

基本的に、どのツールでも同じではありません。

当サイトでOSを紹介していますが、いくつかのOSではツールを選びます。

ライブ起動テストでは、「UNetbootin」をメインに使って、USBメモリに書き込んでいます。

書き込み中にエラーがでればわかりますが、問題なく書き込みが終わるので、ライブ起動してみるまではわからなかったりします。

USBメモリ以外の問題が無いことは、他のOSなどの起動テストで、明らかにわかっていますが、慣れていない方にとっては、何が問題かわかりにくいでしょう。

それならば、どうすれば良いのか?

OSのインストール等で、参考にした記事の通りに行うか、OSの公式サイトなどで、よくチェックすれば済みます。

しかし、言葉で言うのは簡単ですが、実際には参考にした記事には、どのツールを利用したのか書かれていなかったり、公式サイトは英語でわかりにくかったりもします。

ということで…今後の記事について

そんな状況なので、当サイトを参考にしていただいた方には申し訳ないので、今後は基本的にどのツールを使ったのかを記載していきます。

過去の記事につきましても、少しずつ追記していきます。

結局どのツールがベスト?無難?

ネットの情報で、よくみかけるRufus

設定項目が割と多く、なるべく間違えにくいものが、良いと思っていますので使っていません。(ですから評価できません)

個人的に気に入っているUNetBootin

isoファイルを書き込む場合に設定項目が少ないので、簡単でよく使っています。

https://unetbootin.github.io/

また、UNetbootinの機能で、OSのisoファイルをダウンロードしてから、USBメモリに書き込むまでの一連の作業を、一気に行うこともできますので、色々と試したい時に便利でよく使っていました。

設定が簡単なEtcher

単純で良いのですが、気になる点もあり、USBメモリを再利用する場合に、フォーマットで手間がかかることです。

https://etcher.io/

この問題についての詳細は、別の機会にさせてもらいます。

ということで、通常はUNetbootinを使って、ライブ起動テストを行い、うまく行かない場合は、Etcherで試しています

概ねこのやり方でうまく行っていますが、それでもダメな時があります。

その場合は、仕方なく公式サイトの情報を調べると、推奨しているツールがあります。

そして、それを使って対処しています。

「UNetbootin」で問題がでるものは?

当サイトで紹介している無料OSについて、Unetbootinで作成したブータブルUSBメモリでのライブ起動に、問題が出るOSは以下のとおりです。

  • KaOS 2017.09:Etcherで対応可
  • SwagArch-1711:Etcherで対応可
  • CentOS 7-1708:Etcherで対応可
  • Raspberry Pi Desktop(2017-06-22-rpd-x86-jessie):Etcherで対応可
  • OpenIndiana Hipster 2017.10 : Win32 Disk Imagerで対応可
  • openSUSE Leap 42.3: ImageUSBで対応可
    (OpenSUSEの旧バージョンではUnetbootinでも可能でした)

これらの結果は、当方のテスト環境によることもありますので、ご了承ください。

まとめ

USBメモリに書き込むツールにも注意が必要で、どのツールでも同じではありません。

しかし、参考にした記事のとおりに行うか、OSの公式サイトなどで、よくチェックすれば済みます。

しかし、言葉で言うのは簡単ですが、結局どのツールが一番問題ないのか…?

OSの紹介記事を書くときは、通常UNetbootinを使って、ライブ起動テストを行い、うまく行かない場合は、Etcherで試しています。

しかし、中にはうまく行かないことも…

当サイトで紹介している無料OSで、Unetbootin以外が良いケースは以下のOS(バージョン)です。

  • KaOS 2017.09
  • SwagArch-1711
  • CentOS 7-1708
  • Raspberry Pi Desktop(2017-06-22-rpd-x86-jessie)

以上は、Etcherで対応可

  • OpenIndiana Hipster 2017.10はWin32 Disk Imagerで対応可
  • openSUSE Leap 42.3はImageUSBで対応可
    (openSUSEの旧バージョンではUnetbootinでも可能でした)

当パソコン環境でのテスト結果です。