無料OS『MX Linux』ひと手間かかるが…良い感じ!

MX Linuxは、Debianのstableブランチをベースにしており、antiXと旧MEPIS Linuxコミュニティの共同ベンチャーのLinuxディストリビューションです。

また、Xfceをデフォルトのデスクトップ環境としており、シンプルで使いやすく、安定したデスクトップになっています。

『MX Linux 17.1』のデスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『MX Linux 17.1』について

2018年3月にりりースされているMX-17.1、32bit版、及び64bit版が用意されており、最小システム要件からみれば、古いサポート切れWindows(Vista)がインストールされているパソコンでも対応できそうです。

MX-17.1は、インストールについて若干他のメジャーなOSのインストーラーとは異なり、少し癖があるので、初心者の方は気になるかもしれません。

更に、日本語入力の設定については、散々試してやっとできましたが、知らないと大変手間取ってしまうことでしょう。

スムーズな導入にはなりませんでしたが、振り返ってみれば簡単で、専用のものを用意してくれていました。

結果的にみれば、少しの期間、使ってみたくなるOSでした。

MX-17.1
  • Debian Stable 9.4 (Stretch)
  • Xfce 4.12.3
  • core antiX systems

主なアプリケーション

  • ブラウザ:Firefox
  • ビデオプレーヤー:VLCメディアプレイヤー
  • ミュージックマネージャ/プレイヤー:Clementine
  • メールクライアント:Thunderbird
  • Officeスイート:LibreOffice
  • バックアップ:LuckyBackup
  • セキュリティ:Passwords and Keys

システム要件

最小要件
  • CPU:i486インテルまたはAMDプロセッサ
  • メモリ:512MB
  • 5GBのハードディスク空き容量
  • SoundBlaster、AC97またはHDA互換のサウンドカード
推奨要件
  • CPU:i686 IntelまたはAMDプロセッサ
  • メモリ:2GB以上
  • 少なくとも10GBのハードディスク空き容量
  • 3Dデスクトップ対応の3D対応ビデオカード

ダウンロード

公式サイト

https://mxlinux.org/

ダウンロードページ

https://mxlinux.org/download-links

インストール用USBメモリへの書き込み

Etcherにて、USBメモリへの書き込みをしています。

問題なく、ライブ起動できました。

ちなみに、UNetbootinにて、2度作成しましたが、ライブ起動できませんでした。

なお、インストールは別記事にさせていただきます。

『MX Linux 17.1』のインストールと日本語入力について、インストールは、キーボード設定、タイムゾーン設定、ユーザー名やパスワード等の入力位で、基本他は進めるだけで済むと思います。また、日本語入力の設定は、MXパッケージインストーラーから行います。

まとめ

MX Linuxは、DebianのstableブランチをベースにしたantiXと旧MEPIS LinuxコミュニティのコラボレーションOSです。

Xfceをデフォルトのデスクトップ環境の使いやすく、低スペックのパソコンでも対応可能。

インストールと日本語入力の設定には、一癖ありますが、知っていれば問題なく、使いたくなるOSでしょう。

最小システム要件
  • CPU:i486インテルまたはAMDプロセッサ
  • メモリ:512MB(推奨2GB以上)
  • 5GBのハードディスク空き容量(推奨10GB)
  • SoundBlaster、AC97またはHDA互換のサウンドカード
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストール用USBメモリへの書き込み

今回は、Etcherにて作成し、問題なくライブ起動できました。