まるでAndroidエミュレーター『Vysor』…PCと端末のセットアップ!

たまたま偶然見つけたAndroidエミュレーターのようなスマホやタブレットのミラーリング・ソフトウエアなのですが、PC上から端末の操作もできるので、非常に有益です。

前記事では、このソフト『Vysor』についての特徴などをまとめましたが、今回はPC側と端末側のセットアップについての情報になります。

よろしければ、以下の記事も参考にしていただければと思います。

いままでは、Androidエミュレーターで行っていた作業を『Vysor』を利用することで、もっと簡単に手早く出来るようになりました。『Vysor』ならば、Android端末のスクリーンショットや画面録画、端末の操作もPC上で行うことができます。

Windows 10 とAndroid端末の組み合わせ

今回はWindows 10 PCで『Vysor』を使う場合の説明をします。

Windows 10 PC側

ソフトをダウンロード

http://www.vysor.io/download/

インストール

ダウンロードしたファイルをインストールすると、セキュリティソフトなどによりファイヤーウォールの許可確認がでると思います。

今回のインストールでは、Windows Defender ファイヤーウォールでブロックされた機能の許可を求めています。

「アクセスを許可する」をクリックして、PC側の設定は取りあえず終了です。

Android端末側

今回一番の難関というより、なんだかよくわからない(何年か前に、初めて行った時にそのように思った)操作を行います。

1.開発者オプションの表示

設定画面から「開発者向けオプション」を開きたいのですが(Androidの古いバージョンなら表示されている)、現在主流のバージョンについては、表示されていません(一般には不要のため隠されています)。

Android 7の場合の設定方法ですが、「設定」→「端末情報」と開き「ビルド番号」を連続でタップします。

すると、「デベロッパーになるまであと○ステップです」というような表示がされますので、その回数タップすると「デベロッパーになりました」等の表示が出て、「開発者向けオプション」が表示されるようになります。

2.USBデバッグモードの設定

「開発者向けオプション」を開いて「USBデバッグ」をオンにします。

「開発者向けオプション」画面を開いた時に右上に「開発者向けオプション」のオン・オフボタンがあるかもしれませんので、操作できないと思ったら右上を確認し「オン」にしてから、「USBデバッグ」にチェックを入れるとかオンにしてください。

USBケーブルでつなぐ

初回接続時に、Android端末側へドライバーのインストールが行われるようです。

次回以降は、スグに繋がります。

つながらない場合は、Android端末側に、許可の確認表示が出ているかも知れませんので、「許可」をすると、繋がります。

Vysor PC側のウインド操作について

Vysoraアイコンをクリックして、起動すると以下のような画面になります。

右上部の「View」が現れていれば、Android端末に接続できますので、「View」をクリックしてミラーリングの画面を起動します。

すると、端末の画面が表示されます。

無料版ではスクリーンショット以外の設定は、基本的にできないようです。

接続できて、Android端末のミラーリングが完了したら、あとはPC側でも端末側でも、どちらからでも操作が可能です。

まとめ

Windows 10 PCで『Vysor』を使う場合

Windows 10 PC側

ソフトをダウンロードし、インストール

Android端末側

開発者オプションから、USBデバッグモードの設定

USBケーブルで双方をつなぐ
Vysor PC側のウインド操作について

Vysoraを起動すると、設定画面が現れますので、接続が出来ていれば、「View」をクリックしてミラーリングの画面が起動します。

あとはPC側でも端末側でも、どちらからでも操作が可能です。