無料OS『SparkyLinux 5.5』軽量なGameOver…ローリングリリース!

SparkyLinux 5.5は、Debian”testing”をベースにして、軽量・シンプルなOSで、32bit版にも対応しているので、古いパソコンにも使うことが可能です。

今回は、スペシャルエディションの「SparkyLinux 5.5 GameOver」について取り上げました。

軽量でありながら、ゲームを多量にプリインストールしていますので、手軽に遊べるOSになっています。

以前、4.xシリーズのstable(安定版)について、記事にしていますので、よろしければ参考にしてください。

32bitに対応のSparkyLinux 4.8.1(安定版)をオールドPCへ。最小システム要件、CPU:i686、メモリ:256 MB – LXDE。元Windows XPのパソコンでライブ起動したら、OSの起動に時間がかかりましたが、それ以外は問題ありません。
Windowsのサポート切れや、ウイルスやマルウエアの感染などで、違うOSにしたいと思っている方の参考になればと思い、Windowsから極力...

「SparkyLinux 5.5 GameOver」のデスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『SparkyLinux 5.5』について

Sparky 5は、Debianのテスト版 (testing)「buster」をベースとしているローリングリリースモデルのOSです。

主に軽量デスクトップを採用しているHome Editions(SparkyLinux 5.5 LXQt)や、最小構成のMinimal Editions、Special Editions(GameOver、Multimedia、Rescue)などのバリエーションがあります。

最小システム要件

公式サイトを探した限り、以下のシステム要件しか見つけることができませんでした。

ここでは、バージョン4.xについての記述がありますが、5.xについてはないので、若干違いがあるかもしれません。

  • 32ビットと64ビットに対応
  • BIOSまたはUEFIマザーボードを搭載した32ビットおよび64ビットのマシンにインストール可能
  • Sparky 3.xはBIOSとUEFIを搭載した64ビットマシンをサポートし、バージョン4.xからはBIOSとUEFIを搭載した32ビットマシンもサポートしています。

  • CPU:i686 / amd64
  • メモリ:
    256 MB – LXDE, LXQt, Openbox
    512 MB – MATE, Xfce
    1.0 GB – KDE
    128 MB – CLI Edition
  • 512 MB以上のSWAPパーティション
  • 必要ディスク容量:
    10 GB (“Home” editions)
    20 GB (GameOver/Multimedia)
    2 GB (CLI edition)
  • CD/DVDドライブまたは USB ポート

https://sparkylinux.org/wiki/doku.php/minimum_system_requirements

今回インストールしているのが「SparkyLinux 5.5 GameOver」。上記のメモリで本当に稼働するのか心配のため、VirtualBoxでのメモリを256MBに割り当てなおし、再度メニュー操作と一部のボードゲーム等をやってみました。

前述のメモリ2GBと操作感の違いをご覧ください。

メニュー操作やゲームについては、重いなどの問題は無いようなのですが、OSの立ち上げには数分かかりました。

なお、アプリケーションやゲームによって、メモリ256MBでは、きちんと操作できないようなものもあるでしょう。

ダウンロード

公式サイト

https://sparkylinux.org/

ダウンロードページ

https://sparkylinux.org/download/rolling/

スペシャルエディションは、ページの下の方になります。

なお、インストールや日本語入力設定については、別記事になります。

SparkyLinux 5.5 GameOverのインストールまで。インストール用USBメモリへの書き込みは、UNetbootinで問題なくライブ起動出来ています。インストールは、設定する項目がUbuntuなど他のOSよりも、少ないのでより簡単です。
「SparkyLinux 5.5 GameOver」インストール終了後の再起動から日本語入力まで。再起動後「Sparky初回起動」ウインドウが開くので、指示に従って、システムアップグレード(推奨)、不足している言語パッケージのインストールを行います。

まとめ

「SparkyLinux 5.5 GameOver」は、Debianのテスト版 (testing)「buster」をベースとしているローリングリリースモデル。

軽量でありながら、各種ゲームを多量にプリインストールしています。

最小システム要件(一部抜粋)
  • CPU:i686 / amd64
  • メモリ:256 MB – LXDE, LXQt, Openbox
  • 必要ディスク容量:20 GB (GameOver/Multimedia)
  • CD/DVDドライブまたは USB ポート
ダウンロード

公式サイトダウンロードページより