無料OS『Pop!_OS』…開発者やクリエイターなどが対象!?

Pop!_OSは、UbuntuベースのLinuxディストリビューションで、コンピュータ販売会社のSystem76によって開発されました。

このOSは、開発者、メーカー、コンピュータサイエンスの専門家を対象としており、利用者が作業に集中できるように意図して設計され、カスタムGNOMEデスクトップ環境を採用しています。

今回は、Pop!_OS 18.10 について、システム要件やダウンロード、およびインストールメディアの作成まで、まとめた内容になっています。

Pop!_OS 18.10 のデスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

低スペックパソコンで録画していますので、その分の負荷で実際より少し重い感じになっています。

Pop!_OS 18.10 について

デフォルトでフルディスク暗号化を提供しています(暗号化しないことも可能)。

ユーザーインストールからの情報を、収集または保存しません。

GNOMEデスクトップ環境なので、作業に集中しやすく、スマホのようなイメージのデスクトップ環境です。

殺風景な印象ですが、パソコンのデスクトップ位は、静かに落ち着いて作業に没頭したいものです。

ただし、軽量タイプのデスクトップ環境と比べて、若干メモリも必要です。

以前のバージョンについて

いままで、旧バージョンについて、インストールを行ってみたのですが、うまくインストールできなかったり、日本語化や日本語入力に問題が出たりと、うまく行きませんでした。

インストールから日本語入力までを、比較的簡単にできない場合は、極力記事にしないほうが良いと思っていますので、残念ながらいままで見送っていました。

もちろん、インストールしたこちらの環境によることもありますので、ご了承ください。

しかし、この18.10については、普通にインストールして、日本語入力も比較的簡単に出来る状態でしたので、今回記事にさせてもらいました。

最小システム要件

  • CPU:64ビットプロセッサ
  • メモリ:2GBのRAM(推奨4GB)
  • 必要な空きディスク容量:16GBのストレージ(推奨20GB)

現役の普及パソコンレベルのシステム要件になります。

通常は、Windows 7 からインストール可能だと思われます。

ダウンロード

https://system76.com/pop

「DOWNLOAD」をクリックすると以下のウインドウが表示されます。

インストールメディア(USBメモリ)への書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

まとめ

Pop!_OSは、UbuntuベースのLinuxディストリビューション
  • 開発者、メーカー、コンピュータサイエンスの専門家を対象
  • 作業に集中できるように意図して設計
Pop!_OS 18.10 について
  • デフォルトでフルディスク暗号化を提供
  • ユーザーインストールからの情報を、収集または保存しない
  • GNOMEデスクトップ環境なので、作業に集中しやすい
最小システム要件
  • CPU:64ビットプロセッサ
  • メモリ:2GBのRAM
  • 必要な空きディスク容量:16GBのストレージ
ダウンロード

OSの公式サイト・トップページより

USBメモリへの書き込み

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。