無料OS『Pop!_OS』…インストールと日本語入力について!

前記事では、Pop!_OS 18.10 の特徴やダンロード先、そして、インストールメディア(USBメモリ)の作成についてまとめていますので、よろしければインストールへ進める前に、以下の記事をご確認ください。

Pop!_OSは、UbuntuベースのOSで、開発者、メーカー、コンピュータサイエンスの専門家を対象としており、作業に集中できるように意図して設計されています。最小システム要件は、64ビットプロセッサ、2GBのRAM、16GBのストレージ。

今回は、Pop!_OS 18.10 のインストールと、日本語入力についてになります。

インストールと起動の確認について

インストールは、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて3回行っています。

ライブ起動の確認は、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行い、問題なく起動しています。

インストール用USBメモリからインストール

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えます。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. USBメモリからライブ起動し、インストーラーが起動したところからになります。
    「日本語」を選択し、「select」をクリックします。
  2. キーボードのレイアウトで、すでに「日本語」 が選択されていると思いますので、そのまま「選択」をクリックします。
  3. キーボードレイアウトの続きで使っているキーボードの種類を選んで(ここではデフォルトの「日本語」)「選択」をクリックします。
  4. 試用かインストールかの確認で、ここでは右上の「Clean Install」を選択。そして、「Clean Install」ボタンをクリックし、パソコンのOSを入れ替えます。
  5. インストールするドライブを選択します。
    ここでは、VirtualBoxのドライブだけが表示されていますので、選択してから「削除してインストール」をクリックします。
  6. ディスク暗号化について、デフォルトで暗号化を売りにしている Pop!_OS ですが、ここでは、暗号化しないで進めますので、「Don’t Encrypt」をクリックします。
    暗号化する場合は、パスワードの設定が入るので、ワンステップ増えます。
  7. 少し待つと再起動の確認がありますので、ここで「デバイスを再起動」をクリックします。

再起動後の作業

再起動すると、各種設定がそのまま行えます。

各項目の設定が済んだら右上の「次へ」をクリックして進めます。

  1. 設定を始めるので、右上の「次へ」をクリックします。
  2. キーボードレイアウトや入力メソッドの選択で「日本語」にチェクがはいっています。
    入力メソッドもここで設定しておきたいので、
    「日本語」(OADG 109A)の下部の点「・」が3個ある部分をクリックします。
  3. 下部の検索を利用して「mozc」を探します。
    「日本語(MOZC)」が出てきますので、チェックをいれて進めます。
  4. 位置情報サービスの設定で、ONでもOFFでも好きな方に設定し進めます。
  5. タイムゾーンの設定で、位置情報をOFFにしている場合は、「Tokyo」のあたりをクリックし、設定して進めます。
  6. オンラインアカウントの設定になりますが、ここでは「スキップ」して、先に進めます。
  7. ユーザー情報の入力を行います。
  8. パスワードの設定ですが、なるべく赤いラインにならないような安全性の高いパスワードに設定してください。
  9. 「Pop!_OSを使い始める」をクリックして、設定が終わります。

日本語入力について

日本語入力は、すでに「iBus」が設定されています。

デフォルトでの入力切り替えは、「Windowsキー」+「スペース」になっています。

もし切り替わらなかったら、そのまま(「Windowsキー」+「スペース」)を押してから、さらに「半角/全角」を押すと入力できるようになるかと思います。

それ以降は、「Windowsキー」+「スペース」で切り替えれば、日本語と英語が単純に入れ替わります。

まとめ

Pop!_OS 18.10 のインストールと、日本語入力

インストール

他のUbuntuなどと異なるインストール手順で、再起動後に各種設定作業があります。

  • キーボードレイアウトや入力メソッドの選択
  • タイムゾーンの設定
  • ユーザー情報の入力
  • パスワードの設定

これらが、再起動後になります。

日本語入力について

デフォルトは「iBus」になります。

再起動後の設定で、「日本語(MOZC)」を入れておいたほうがあとが楽です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする