無料OS『deepin 15.9』…インストールから日本語入力まで!

前回は、『deepin 15.9』の特徴や、システム要件について記事にしました。

deepin 15.9 について、タッチスクリーンサポートの改善、電力管理の改善、デスクトップのパフォーマンスの向上が行われているようです。実際に、deepin 15.9 のメニュー操作がバージョン15.7より軽く感じ、映像を見比べてもクイック感があります。

今回は、インストールから日本語入力まで、ちょっとした注意点も含めてまとめていますので、よろしければ、上記の記事をご覧になってから、読み進めていただければと思います。

インストールの状況確認

インストールの確認は、VirtualBox バージョン6.0.2にて、計2回行っています。

なお、インストールで使用するisoファイルは「deepin-15.9-amd64.iso」です。

『deepin 15.9』のインストールについて

パソコンのハードディスクのOSを入れ替える形になりますので、デュアルブートなどの場合は、それぞれ個別に対応してください。

また、各ステップの選択項目を記載してありますので、選択したら「NEXT」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記の番号とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動し、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要になります。

  1. ライブ起動ではなく、インストールを選択することになりますのでご注意ください。
  2. インストーラーが起動したら、「日本語」を選びます。
  3. ユーザー使用許諾契約の同意を求められますが、英語と中国語しか表示がありません。
  4. ここではVirtualBoxにインストールしていますので、「実機環境でdeepinをインストールすることをお勧めします」との注意するメッセージが出ていますが、そのまま進めます。
  5. この画面では、最初にキーボードを設定したほうが楽なので、左上のキーボードアイコン「英語(US)」をクリックします。
  6. キーボードを「日本語」に設定し「Back」で元の画面に戻ります。
  7. ユーザー名やパスワードを設定します。
  8. タイムゾーンを設定しますが、画面の解像度によっては、日本(東京)を設定できませんので、取り敢えずどこかにして先へ進めます(あとで変更します)。
  9. インストール場所の選択で、ここではそのまま進め、インストールを開始します。
  10. 最終確認ですので、問題がなければ「Continue」で続けてください。
  11. インストール作業を始めますので、数十分待ちますと、インストール終了画面になります。
    ここでUSBメモリを抜いて、「Experience now」をクリックし、再起動します。

再起動後の設定

再起動するといくつかの設定を促されます。

ここではVirtualBoxのため、「Common Mode」をオススメされましたので、そのようにします。

デスクトップモードとウインドエフェクトについての確認がありますので、ここではデフォルトで進めました。

日本語入力の設定

日本語入力の設定作業は、コマンドで行う方が簡単ですので、2つの作業をコマンドで行います。

メニューからターミナルを起動します。

まずは、アップデートしておきます。

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で「Y/n」確認がありましたら、「Y」で進めてください。

あとは、ログアウト・ログインすれば日本語入力が出来るようになっていますので、確認してみてください。

タイムゾーンを設定ができていなかったら

最後に、歯車アイコンをクリックし、設定画面から日本(東京)に設定変更してください。

これで、取り敢えず使えるようになりました。

まとめ

『deepin 15.9』のインストールから日本語入力まで

インストールについて

言語設定しても、一部注意書きが日本語になっていませんが、確認だけですので、特に問題はないかと思います。

また、キーボード設定は、インストール後もできますが、ユーザー情報設定時に行ったほうが設定しやすいので、ここでやってしまいましょう。

再起動後の設定

デスクトップモードとウインドエフェクトなど、設定を促されますので、好きな方を選びます。

日本語入力の設定

ターミナルを起動して、コマンドで行うと簡単に設定できます。

シェアする

フォローする