無料OS『KXStudio』…オーディオ制作に特化・アプリ等多数!

KXStudioは、UbuntuベースのLinuxディストリビューションで、オーディオ制作のためのソフトとプラグインがプリインストールされたKDEデスクトップ環境のOSです。

ライブ起動でも利用できますので、Live USBとして持っていても良さそうです。

『KXStudio』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像は、VirtualBox(Ver.5.2.12)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定。

『KXStudio』について

今回の『KXStudio』は、Ubuntu 14.04.5 LTSをベースにしたプロフェッショナルなオーディオ制作のためのアプリケーションと、プラグインのコレクションです(2017年6月のリリース)。

なお、Ubuntu 14.04.5 LTSは、2019年4月までサポートされていますが、現時点(18.04)で2世代前のLTS(Long-term support)版です。

2世代前ということで、気になるとは思いますが、利点もあります。

単純に、低スペックPCでも対応できるということで、オーディオなどのマルチメディア系アプリが多数プリンストールされており、意外なメリットになっているのではと思います。

もちろん、あまり低スペック過ぎるとOSをインストールできても、アプリケーションがうまく起動しないなどの問題もあるでしょう。

プリインストールアプリやプラグイン

LinuxやWindows用の独自のカスタムアプリケーションとユーティリティ(フル機能のオーディオプラグインホスト、JACKパッチベイなど)、オープンソースのオーディオプラグインがあります。

最小システム要件

  • メモリ:1GB
  • 必要なハードディスク空き容量:8GB

以下の映像は、VirtualBoxにてメモリ1GBを割り当てて、起動した様子です。

2GB割り当てている前述の映像と比較しても、特に問題があるようには感じませんでした。

もともと、Ubuntu 14.04.5 LTSのシステム要件的には、384MB以上のメモリが必要ですが、1GBであればKDEデスクトップ環境の『KXStudio』でも大丈夫でしょう。

つまり、サポート切れになってしまったWindows VistaあたりがインストールされていたPCで、『KXStudio』を利用できるということになります。

サポート切れOSの入っていたPCが、オーディオやマルチメディア系のプリンストールアプリが多数入ったOSを起動できるということは、大きな利点です。

ダウンロード

公式サイト
http://kxstudio.linuxaudio.org/

ダウンロードページ
http://kxstudio.linuxaudio.org/Downloads

なお、インストール、日本語入力は別記事にします。

まとめ

KXStudioは、オーディオ制作に特化したOS
  • Ubuntu 14.04.5 LTSをベースにしたプロフェッショナルなオーディオ制作のためのアプリケーションと、プラグインのコレクション
  • Ubuntu 14.04.5 LTSは、2019年4月までサポート
プリインストールアプリやプラグイン
  • LinuxやWindows用の独自のカスタムアプリケーションとユーティリティ
  • オープンソースのオーディオプラグイン
最小システム要件
  • メモリ:1GB
  • 必要なハードディスク空き容量:8GB

サポート切れになってしまったWindows VistaあたりがインストールされていたPCで、オーディオやマルチメディア系のプリンストールアプリが多数入ったOSを起動できる。

ダウンロード

公式サイトダウンロードページより