無料OS『Lubuntu 18.10』LXQTに変更…32bit版もある!

Ubuntuの公式フレーバーであるLubuntu(18.10)は、64bit版だけではなく、32bit対応で古いパソコンでも使え、高速かつ軽量、そして省エネルギーになるように設計されたOSです。

今回は、そのLubuntuの18.10 (Cosmic Cuttlefish) ですが、いままでとは異なり、デスクトップ環境が「LXDE」から「LXQT:Lightweight Qt Desktop Environment」に変更になっています。

ちなみに、最新のLTSリリース Lubuntu 18.04 LTSについては、以下の記事を参考にしていただければと思います。

Lubuntu 18.04 LTS は、LXDE(Lightweight X11 Desktop Environment)のUbuntu公式フレーバーで、高速かつ軽量な省エネ設計されたOSで、サポート期限は2021年4月まで。システム要件は次のとおり…
『Lubuntu 18.04 LTS』のインストールと日本語入力について、インストール用USBメモリの作成は、UNetbootinで行い、問題なくライブ起動出来ています。また、インストールは簡単で、最低限、ユーザー情報やパスワードの設定だけでも可能です。
変更や設定を維持できるLive USB。isoファイルを書き込むには、UNetbootinが必要です。isoファイルの容量を考慮して、USBメモリを用意します(今回は4GB)。なお、変更や設定を保存できるスペースは、今回は2GB(2.5GB程度でも問題なし)。

『Lubuntu 18.10』デスクトップはこんな感じ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.5.2.18)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

『Lubuntu 18.10』について

デスクトップ環境としてLXQtを使用した最初のLubuntuリリースで、このバージョンは、2019年7月までサポートされます。

  • Qt技術を使ってレンダリングされたデスクトップインタフェース
  • 標準的なPC、ラップトップ、ラズベリーパイ、PowerPCなどに対応したISOファイルを提供
  • 高速のマシンから、古いハードウェアまで対応
  • 他のフレーバーと異なり、Calamaresシステムインストーラを使用するように切り替え

システム要件

公式サイトを探した限り見つけられなかったのですが、デスクトップ環境が「LXDE」から「LXQt」に変わったことで、ほんの少しメモリが必要になるでしょう。

しかし、あまり影響がないでしょうから、以下の18.04 LTSのシステム要件と同程度かと思われます。

  • CPU:最低 Pentium 4、Pentium M、またはAMD K8 CPU
  • メモリ:最低1GB(2GB以上を推奨:Webベースのアプリケーションの場合)

ダウンロード

公式サイト

https://lubuntu.me/

ダウンロードページ

https://lubuntu.me/downloads/

インストール(VirtualBox:Ver.5.2.18にて)

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップと同じです。

※実際のインストールでは、USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. ライブ起動し、インストーラーが起動したところからになります。
    まずは「日本語」を選択します。
  2. タイムゾーンの設定で、地域「Asia」ゾーン「Tokyo」が選択されていると思いますので、よければそのまま進めます。
  3. キーボードのレイアウトで、左「Japanese」、右は使っているキーボードを選択します(ここはデフォルトを選択)。
  4. パーティションで、ここでは「ディスクの消去」を選択します(現在のHDDの内容が消去されます)。
  5. ユーザー名や、パスワード等を設定してください。
  6. いままでの設定を確認し、問題がなければそのまま「インストール」します。
  7. セットアップ続行の確認が出ますので、よければ進めてください。
  8. 数十分程度待つと、インストールが終了しますので、「今すぐ再起動する」をチェックして、「実行」クリックし再起動します。
  9. インストールメディア(実機の場合はUSBメモリ等)を抜いて、エンターキーを押してください。

日本語入力の設定について

BETA版からそうでしたが、ほかのUbuntu公式フレーバーと異なり、インストール後の再起動で、日本語入力ができるようになっていません。

すでに、fcitxは導入されているようですが、メニューから「Fcitx」をクリックして、Fcitxを起動させても入力出来なかったので、ターミナルからコマンドでインストールし直します。

アップデートから
$ sudo apt-get update
「fcitx mozc」のインストール
$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

終わったら、ログアウト・ログインを行います。

これで、日本語入力が出来るようになりました。

まとめ

Lubuntu 18.10 について、インストールまで
  • デスクトップ環境が「LXDE」から「LXQT」に変更
  • サポート期限は、2019年7月まで
システム要件(18.04 LTSより想定)
  • CPU:最低 Pentium 4、Pentium M、またはAMD K8 CPU
  • メモリ:最低1GB(2GB以上を推奨)
ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストール

インストーラーが起動後は、「日本語」を選択、ユーザー名やパスワードの設定、他はそのまま「続ける」等をクリックするくらいで、簡単にインストールすることが出来ます。

日本語入力の設定

メニューには「Fcitx」、「Fcitx設定」がありますが、日本語入力ができませんでしたので、コマンドでインストールし直します。

完了したら、ログアウト・ログインを行えば、日本語入力できるようになっています。