Debian 10.2.0 lxqt 版をインストールしてみた!

先日リリースされた「Debian 10.2.0」の lxqt デスクトップ版を試してみました。

以前の記事で、「Debian 10」のXfce と Cinnamon デスクトップ版について記事にしていましたので、今回は lxqt 版について取り上げました。

インストールと日本語入力の確認までになりますので、特に蘊蓄なとはありません。

スポンサーリンク

Debian 10.2.0 lxqt デスクトップはこんな雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.12)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

Debian 10.2.0 lxqt 版について

今回は、「Debian 10.2.0」の lxqt 版 「debian-live-10.2.0-amd64-lxqt.iso」ファイルを利用して、インストールしてみました。

 

ダウンロード

公式サイト

http://www.debian.org/

ダウンロードページ

https://cdimage.debian.org/debian-cd/current-live/amd64/iso-hybrid/

各種のデスクトップ環境版があります。

 

インストール(VirtualBox)

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメにしておきます。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します。

※このインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力

日本語入力につきましては、iBusやFcitxがインストールされていますが、そのままでは入力できませんでした。

不足分を適当にインストールして、とりあえず日本語入力できるようにしました。

 

まとめ

「Debian 10.2.0」の lxqt デスクトップ版を試してみた

「debian-live-10.2.0-amd64-lxqt.iso」ファイルをインストール

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力

インストールは簡単に完了しますが、日本語入力については、すでにiBusやFcitxがインストールされているのですが、不足分があるようでひと手間かかります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました