無料OS『Ubuntu 18.04 LTS』…Windows 7からの乗り換えに丁度良い!

Ubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver)のメインアーカイブは、 2023年4月までの5年間、無料のセキュリティとメンテナンスのアップデートを保証しますので、WindowsからUbuntuに乗り換えるか検討しているなら、最初は長期サポート (LTS:Long Term Support)版が安心です。

ちなみに、今現役のWindows 7ですが、メインストリームサポートはすでに終了し、現在は延長サポートに入っています。

その延長サポートも2020年1月14日に終了となります。

2020年まで大丈夫と…2020が強調されてしまいがちですが、実質2019年の末と思っていたほうが良いでしょう(あと1年半強)。

『Ubuntu 18.04 LTS』のデスクトップはこんな雰囲気

この映像はVirtualBox(Ver.5.2.8)にて起動状況の確認を行い動画にしています。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

VirtualBoxで起動させているためか、さらに録画で負荷をかけていることもあってか、多少反応が悪く遅延が起きています。

また、デフォルトデスクトップ環境は「GNOME」になっています(一つ前のLTS版は「Unity」で、17.10から「GNOME」に移行)。

『Ubuntu 18.04 LTS』について

今回は、Windows 7がすでにインストールされているレベルのPCを想定していますので、スペック的にはあまり問題がないとは思いますが、それ以前のすでにサポートが切れているVistaあたりがインストールされていたPCレベルですと、利用するのに厳しいかと思います。

推奨システム要件(公式サイト参照)

  • CPU:2GHz、デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GB
  • インストールメディア用のDVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス(あったほうが良い)

ダウンロード

公式サイト
https://www.ubuntu.com/

ダウンロードページ
https://www.ubuntu.com/download/desktop

現在わかっているバグについて(リリースノートより)

https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes

初級者ユーザーの方が利用する場合、特に関係ありそうと思えるものを抜粋しました。

  • ライブセッションを終了すると、「開始ジョブが実行されています」というエラーが表示されることがあります。
    これが表示されている場合は、コンピュータの電源を強制的に切る必要があります。
  • ラップトップに外部モニタが接続されている場合、ログイン画面は内部画面にのみ表示され、場合によっては表示されません。
  • 誤ったパスワードの後に​​ログインがハングアップすることがあります。
    回避策は、キャンセルをクリックし、ユーザーをクリックしてもう一度やり直すことです。

なお、インストールと日本語入力につきましては、別記事にさせていただきます。

Ubuntu 18.04 LTS のインストールと日本語入力について、インストール用USBメモリの作成は、UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動出来ています。また、インストールは簡単で、最低限ユーザー情報の設定以外は「続ける」などをクリックでも完了。

まとめ

Ubuntu 18.04 LTS のメインアーカイブは、 2023年4月までの5年間、無料のセキュリティとメンテナンスのアップデートを保証する長期サポート (LTS:Long Term Support)版。

デフォルトデスクトップ環境は「GNOME」になっています。

『Ubuntu 18.04 LTS』の推奨システム要件
  • CPU:2GHz、デュアルコアプロセッサ以上
  • メモリ:2GBのシステムメモリ
  • 空きディスク容量:25GB
  • インストールメディア用のDVDドライブまたはUSBポート
  • インターネットアクセス(あったほうが良い)
ダウンロード

デスクトップ用のダウンロードページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする