32bit

無料OS

無料OS『MX Linux 18.1』…Windows XP 32bitのPCが復活!

古いサポート切れ Windows にインストール!スペック、CPU:Celeron M 360J 1.4GHz/1コア、RAM:256MBに512MB増設(計768MB)、使った感じは、高画質でなければ、Youtubeも映画や音楽が実用レベルで視聴できました。
無料OS

Live USBで設定保存できる『Peppermint 9 Respin』32bit PCで!

『Peppermint 9 Respin』は、64bitと32bitの両方をサポート。今回は元Windows XPパソコンで利用してみます。システム要件(絶対必要最小限の仕様)CPU:Intel x86アーキテクチャに基づくプロセッサ、メモリ:512MB。
無料OS

サポート切れ Windows XP(メモリ768MB)へ『Feren OS』をインストール!

Feren OSをWindows XP(メモリ768MB)へインストール。32bit版があり、メモリも1GBレベル〜で、さらに(セミ)ローリング・リリースモデルです。システム要件、メモリ:1〜2GB、インストールする場合の空きディスク容量:20GB以上。
無料OS

無料OS『SparkyLinux 5.5』Multimediaなのに軽量…32bit版も有り!

「SparkyLinux 5.5 Multimedia」は、Debianのテスト版 (buster)をベースとしているローリングリリースモデル。32bit版もあり軽量で、各種マルチメディア系のアプリケーションを多量にプリインストールしてあります。
無料OS

Windows Vistaクラス・32bitのPCで使える『Linux Mint 19』

Windows サポート切れVistaでも使えるLinux Mint 19。システム要件は、メモリ:1GBのRAM、必要な空きディスク容量:15GB、解像度:1024×768以上。システム要件より、若干スペックが落ちるPCに入れても、なんとか使えるレベルでした。
無料OS

無料OS『Peppermint 9』…Windowsライク?で使いやすい!

『Peppermint 9』は、64bitと32bitの両方サポートしており、古いパソコンでも利用可能。システム要件のポイントは、CPU:Intel x86、x86_64またはamd64互換プロセッサ、メモリ:1 GB(32bit)以上、2 GB(64bit)以上。
無料OS

サポート切れWindowsの32bitパソコンで使える無料OSは?

サポート切れWindowsを搭載した古い32bitパソコンでも利用出来る無料OSはどれが良い?Vista(32bit)ならば、スペック的には以下のどれでも利用可能。XPですと搭載メモリによりますが、軽さ重視で「SparkyLinux 4.8」あたり…
無料OS

Windows Vistaなどの32bit PCに!…無料OS『SparkyLinux 4.8』

32bitに対応のSparkyLinux 4.8.1(安定版)をオールドPCへ。最小システム要件、CPU:i686、メモリ:256 MB – LXDE。元Windows XPのパソコンでライブ起動したら、OSの起動に時間がかかりましたが、それ以外は問題ありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました