Web版より見やすい『4コマgram』漫画アプリ…誰でも投稿可!

ちょっとしたスキマ時間に楽しめる4コマ漫画。割と好きなのですが、PCブラウザで見るには、少し大げさで、『4コマgram』のWeb版などは、一作品みるのに、作品を決めて、別のタブに開いてみるという流れで見ていましたので、はっきり言って面倒でした。

そんな『4コマgram』のアプリ版がリリースされたので、早速ダウンロードしてみました。

Web版より断然見やすいアプリ版『4コマgram』

4コマ漫画を横スワイプで読む新感覚のアプリで、Web版より見やすいので、『4コマgram』を見るならアプリをおすすめします。

以下は、画面キャプチャの映像ですが、縦スクロールで見たい作品を探して、見てみたい4コマ漫画がみつかったら、そのまま横スワイプで見ることが出来、4コマ見終わったら、そのまま次の作品を探していけます。

Web版では、作品をみる手軽さが感じられずに、気が向いた時に、そして忘れた頃見ていましたが、これからは、もう少し頻繁に見ることが出来そうです。

『4コマgram』は4コマ漫画専門投稿サイト

  • 4コマgramは、4コマ漫画でつながるSNSで、誰でも自由に投稿可能
  • 4コマ作者は、評価やPV数によってギャラを受け取ることも可能
  • 会員登録することで、4コマ作品に「いいね!」や、コメントすることが可能
  • コメントに反応があった場合は、プッシュ通知あり

システム要件

  • iOS 11.0以降
  • iPhone 5s以降

ダウンロード

App Store

現時点では、iOSのみですが、今後Androidアプリもリリース予定とのことです。

『4コマgram』は見るだけじゃモッタイナイ!

4コマ投稿者に対して、広告収入の中から「マンガ投稿数」や「いいね!」の数によって、ギャラを分配する仕組みで、対価を得ることも可能です(YouTubeの4コマ漫画版のようなサービス)。

ただし、これもYouTubeと同じで、最初から稼げるのではなく、「アマ」からはじめて、面白い作品を連発したり、「いいね!」の数を集めれば、「プロ」へ昇格することが出来、稼げるようになります。

つまり、良い作品を生み出す投稿者を『4コマgram』側も逃したくないわけです。

4コマ投稿ということで考えれば、動画やライブ配信などと比べて、敷居が低いと思いますので、まずやってみることが大切ですね。

また、『4コマgram』は2017年8月にWebサービスとしてスタートしていますので、参加するなら今がチャンスかもしれません(自分自身に言っている気もします)。

それに、あなたのブログなどの閲覧数が、なかなか伸びないとお困りならば、新たなルートから開拓することが可能かもしれませんので、ダメ元でやってみてもよいのではないでしょうか?

まとめ

アプリ版『4コマgram』は、Web版より断然見やすい

4コマ漫画を横スワイプで読む新感覚のアプリ

『4コマgram』は4コマ漫画専門投稿サイト
  • 4コマgramは、4コマ漫画でつながるSNSで、誰でも自由に投稿可能
  • 4コマ作者は、評価やPV数によってギャラを受け取ることも可能
システム要件

iOS 11.0以降、iPhone 5s以降

ダウンロード

App Store

今後Androidアプリもリリース予定

『4コマgram』はマンガ投稿してこそ
  • 4コマ投稿者に対して、広告収入の中から「マンガ投稿数」や「いいね!」の数によって、ギャラを分配する仕組み
  • 「アマ」からはじめて、ある程度の条件をクリアすることで、「プロ」へ昇格することが出来、稼げるように…
  • 『4コマgram』は2017年8月のWebサービスとしてスタートしており、参加するなら今がチャンスかも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする