4コマ漫画を全自動で描いて超簡単にブログやSNSに載せちゃう!

ブログにアクセントが欲しい…そんなとき4コマ漫画はいかがでしょうか?

そんなの描くのが大変だとおもわれるかもしれませんが、今日ご紹介するのは、なんと『全自動4コマ』です。

でも…実はこのサービスとっても古いんです。

スタートしたのは、かれこれ10年も前で、いまさらですが、意外とオモシロイし使えると思います。

全自動じゃ思うように作れない?

もちろん、全自動でもできますし、カスタマイズもできますので、お手軽に4コマ漫画を作れます。

基本は自動で作って、気に入らないところをカスタマイズする方法が、一番早くできるかと思います。

傑作を作ろうとするならば別ですが、そうでないなら結構気楽に作れて便利です。

作った4コマ漫画は、ダウンロードしてブログやSNS等に載せることもできますので、ちょっとしたアクセントになります。

4コマだと場所を取るから…

4コマの画像ですと縦長で、場所を取りますから、GIFアニメにしてコンパクトにするのも良いでしょう。

しかし、手間がかかっては4コマ漫画専用のブログ等にするのでなければ、時間がもったいないと思います。

でも、ご心配なく、4コマを作成した画面を下にスクロールさせると、GIFアニメにできます。

また、サイズも横幅100~335ドットまで選べますので、ちょっとした隙間から対応できます。

ちなみにドットという単位は、ピクセルと同じです。

それでは実際にやってみます

まずは全自動4コマサイトにアクセスしてください。

キーワードを入力して「4コマ生成」ボタンを押す。

はい、これで完成です。

実際に出来上がるとわかりますが、ちょっとピントがはずれているような内容になっていることが多いと思います。

もちろん、そのままでもいいとは思いますが、もう少しきちんと内容のあるものにしたい場合は、「種類を選ぶ」からキーワードに合いそうな内容をセレクトしたり、「台詞入力:オリジナル4コマ作成 」をクリックしてカスタマイズすることで、オリジナルストーリーの4コマ漫画を作ってしまいます。

さらに何種類ものマンガがあります

  • はも×かも(上の例)
    登場人物:ハモちゃん(女子高生、孤高の存在)、カモちゃん(女子高生、ハモちゃんのクラスメイト)
  • にゃんだよう(右の例)
    登場人物:猫
  • 占いおやじ
    登場人物:占いおやじ(本名:浦内。役職は課長。占い好きだが、会社では隠している。)、部下子ちゃん(
    本名:多呂戸。浦内課長の秘密を知っている。)
    ※日替わり占いや、姓名判断を行えます。
  • 名付け親ゴッドファーザー
    登場人物:ゴッドファーザー(ごっとふぁーざー){名付け親、マフィアのボス。子煩悩。}、娘っとファーザー(こっとふぁーざー){ゴッドファーザーの娘。通称「こっとちゃん」。幼女。}
  • フードファイター坊
    登場人物:坊(BON){よわい1歳のフードファイター。唯一敵わないのは大人。大人はマジすごい。}、紅(KURENAI){赤き疾風。早食いの女王。「くれない、にょ」の異名を持つ。1歳。}、黒(KURO){玄人。「ブラックホール食い」で世間を沸かせた過去を持つ。1歳。}
  • 大銀河図書館
    登場人物:ググ=ルー(大宇宙的何か)、ハ=テナー(アメリカを横断しそうな頭を持つ男)、ランダ=ムー(ムー大陸と関係のある女性)
  • 俺プロデュース
    登場人物:俺(ORE){プロデューサー。またの名はP。アイドルを育てるのが仕事。いや、趣味。}
  • めも理と窓太
    登場人物:めも理(面倒くさがり屋)、窓太(説明好きのロボット)
  • めも理と窓太 アイコン版
    読んでそのまんま…めも理と窓太のアイコン版
  • キャラクターなんとか機版
    緋龍華 麒麟 氏の「キャラクターなんとか機」を使った自動4コマです。

個人的な感想としては、『占いおやじ』は姓名判断ができますので、結構使えそうな気がします。

今度はGIFアニメ化

それでは、実際にGIFアニメ化してみます。

4コマ漫画を作成したら、画面をしたにスクロールすると『★GIFアニメを作る★』がありますので、ここで作成。

あっと言う間に終了です。

これで、場所もとらずに済みます。

著作権や利用に関して

「作成したマンガの画像は、自由にローカルに保存したり、Webにアップしたり、画像掲示板に張り付けたりして構いません。」とのことです。

まとめ

全自動4コマ』…実はこのサービスとっても古いんです。

スタートしたのは、かれこれ10年も前ですが、意外とオモシロイし使えると思います。

全自動でもできますし、カスタマイズもできます。

基本は自動で作って、気に入らないところをカスタマイズする感じで良いと思います。

さらに、お手軽にGIFアニメにできます。

気になる著作権ですが、作成したマンガの画像は、自由にローカルに保存したり、Webにアップしたり、画像掲示板に張り付けたりして構いませんとのことです。

まずは、一つあなたも作ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする