旧式アドオンが使えるFirefox ESR サポート終了へ…Waterfoxにする!

法人向けのセキュリティ修正だけを長期継続する延長サポート版 (ESR: Extended Support Release) であるFirefox ESR ですが、現在(2018年8月)ESR 52.9.0と60.01.0がサポートサれています。

この記事を読まれている方は、当然違いを理解されていると思いますが、一応説明させてもらいますと、ESR 52.9.0は旧式のアドオンが利用できるFirefoxで、ESR 60.01.0は新しいFirefoxがベースになっているため、旧式のレガシーアドオンが使えません。

Firefox ESR 52.9.0とサヨナラ…

このESR 52.9.0のサポート期限が2018年9月5日に切れる(2018年8月21日から延期された?)ようなので、あと1ヶ月後にはリスクが高くなるので、使えないでしょう(当然バージョンアップすることになります)。

Mozilla Japan法人向け情報より

ということで、いよいよレガシーアドオンの「SearchWP」離れできない身の上としては、「Waterfox」への乗り換えを余儀なくされました。

もちろん、他のFirefox派生ブラウザーもありますが、Waterfoxの使用感や見た目について、同じ雰囲気なので「SearchWP」が必要な1台のみ、メインのブラウザーをWaterfoxにすることにします。

WaterFoxへの乗り換えは簡単

というよりも、Firefoxと別のブラウザーなので、共存できます。

単純にインストールして、併用しながら徐々に移行していけば、ダウングレードや別バージョの共存ではないので、無理なく乗り換えできます。

WaterFoxの特徴については、以前記事にしていますので、以下を参照願います。

『Waterfox』をFirefoxと共存させて様子見してみます。システム要件は、Windows、Mac、Linuxともに、64bit対応、512MB RAM、200MBのストレージスペース。Firefox 57 で使えなくなった旧式のアドオンでも使えます。

WaterFoxダウンロード

https://www.waterfoxproject.org/en-US/waterfox/new/

ずっとレガシーアドオンが使えるのか?

Firefox ESRからWaterFoxに変えても、やはり気になるのはいつまで使えるのかということです。

普通に考えれば、どんなソフトでもいつか新しいバージョンに変わっていって、機能が追加されたり、削除されたりしていきます。

WaterFoxも現在バージョン56.2.2なのですが、Firefox派生ブラウザーなので、バージョンが57になったらレガシーアドオンへの対応がどうなるのか心配です(Firefoxも57からレガシーアドオンが使えなくなったので…)。

レガシーアドオンが使える他のブラウザー

Pale Moon(ペイル・ムーン)もレガーシアドオン対応です。

https://www.palemoon.org/

Mozillaと比較してはいけないとは思いますが、メジャーなブラウザー以外は、いつか開発が中止になるのでは…と不安になります。

まあ、個人的にはレガシーアドオンが使えなくなることの方が問題と思っていますので、Pale Moonも今後のことを考えて、Waterfoxに乗り換えたPCにおいて、サブブラウザーとして使ってみるのも良いかと思います。

まとめ

Firefox ESR 52.9.0のサポート期限が2018年9月5日に切れる(2018年8月21日から延期された?)。

いよいよこれで、レガシーアドオンをサポートされたFirefoxで利用出来なくなります。

Firefox派生のWaterFoxへ乗り換え

基本的にFirefoxとは別のブラウザーなので、共存できます。

WaterFoxダウンロードは公式サイトから

レガシーアドオンはいつまで使えるのか?

WaterFoxも現在バージョン56.2.2なので57になったらレガシーアドオンへの対応がどうなるのか心配です。

レガシーアドオンが使える他のブラウザー

Pale Moon(ペイル・ムーン)もレガーシアドオン対応です。