Firefox 57について…旧式アドオンの問題はESR版で先送りを選択!

この2週間ほど、Firefox 57に更新されて、お気に入りのアドオン『SearchWP』が使えなくなり、色々な手法や他のブラウザーを試していました。

当初テストが出来ないものもありましたが、ひと通りどの手法も試すことが出来、やっと方向性がきまりましたので、一度まとめて整理しておきます。

それぞれの手法を検討

以下の4つの手法に対して、考え方や感想を綴っています。

他のブラウザー(Chrome等)にするか?

元々Chrome(Chromium)を毎日使っていましたので、『SearchWP』と似たような機能がある「word highlight」を試しました。

使い勝手はまあまあでしたが、やはり検索を別ブラウザーにするのでは使いにくい状況…

Firefoxの派生ブラウザーにするか?

評判の良さそうな「Waterfox」をテストしてみました。

『SearchWP』アドオンは問題なく、他の旧式アドオンも使えますが、一部現在使っているもので利用出来ないアドオン(多分新式)がありました。

自由度が高く、色々とできそうなブラウザーですが、逆に今後も安定リリースが続くのかがポイントに…

裏技的な方法にするか?

Firefoxアドオンの「Greasemonkey」スクリプトの「Enhanced word highlight」を利用する方法です。

Firefox 56ならば、Chrome(Chromium)の「word highlight」と同じような感じになりますが、こちらのパソコン環境において、Firefox 57で利用できませんでした。

Firefox 延長サポート版 (ESR)にするか?

セキュリティ修正だけを延長サポートするESR版は、旧式のアドオンも使えますが、「Waterfox」などと同じように、使えなくなるアドオンもあります。

2018年6月26日までは、現ESR版を利用することで、旧式アドオンを使えますが、それ以降は(ESR59.0になり)使えなくなります。

ESR版は、結果的には時間稼ぎということになりますが、Firefoxという安心感があります。

どれを選ぶのが正解か?

まず、セキュリティの観点は外せませんから、今後も含め、Firefox 57 以降(以上)のレベルでセキュリティを維持していないと意味がありません。

よって、裏技的な方法として検討していた「Greasemonkey」+「Enhanced word highlight」による方法は、現在のパソコン環境においては利用できないことになります。

Chrome(Chromium)の「word highlight」は悪くは無いのですが、作業効率もありますので、こちらもパスにしました。

『Waterfox』の拡張性と自由度は魅力的ですが、Mozillaのような企業ではないと思いますので、今後長期的にリリースされていくのか、少し不安ではあります。

最後にFirefox 延長サポート版 (ESR)ですが、こちらは、旧式アドオンが2018年6月26日までしか、利用できないとわかった上での時間稼ぎにはなります。

しかし、Firefoxという安定感や安心感があります。

実際には旧式アドオンの『SearchWP』が使えれば良いわけですので、それまでに何らかの解決策が見つかるかもしれません。

結論は人それぞれ

  • アクセス速度重視で、Firefox 57にして旧式アドオンを諦める方もいるでしょう。
  • 自由度をもとめてWaterfoxを選ぶ人もいるでしょう。
  • 安心感から、時間稼ぎでFirefox ESR版を選ぶこともあるでしょう。

ということで、結論としてFirefox ESR版にしました。

ただし、Waterfoxはセカンドブラウザーとして、働いてもらいます。

まとめ

Firefox 57に更新されて、旧式アドオンが使えなくなった件について、一度まとめて整理します。

それぞれの手法
  • 他のブラウザー(Chrome等)
    Chrome(Chromium)の「word highlight」拡張機能
  • Firefoxの派生ブラウザー
    「Waterfox」
  • 裏技的な方法
    Firefoxアドオンの「Greasemonkey」スクリプトの「Enhanced word highlight」
  • Firefox 延長サポート版 (ESR)
    セキュリティ修正だけを延長サポートするESR版
個人的に使い勝手、安心感を重視

Firefox 延長サポート版 (ESR)を選択しました。

旧式アドオンが2018年6月26日までしか、利用できません。

時間稼ぎということにはなりますが、安定感や安心感があります。

いままでと同じように使えますから、使い勝手も悪くありません。

とりあえず、来年の6月まで先送りします。