音声読み上げツール『Text-to-speech』…無料で日本語がとても流暢!

今回は、とても流暢に読み上げるオンライン読み上げツールをご紹介します。

オンラインですから、当然OSは選びませんので、LinuxやWindowsでもブラウザーから利用可能です。

『Text-to-speech』は、とにかく流暢

最近は、日本語読み上げソフトなどのレベルが上がってきていますが、フリーのものですと耳障りなものも結構あると思います。

ところが、この『Text-to-speech』は聴きやすく無料で使えますので、一気に乗り換えてしまいました。

主な機能

  • 高品質で現実的な音声
  • 何回でも再生可能
  • 音声の速度調整が簡単
  • テキストを入力してボタンを押すだけ
  • 日本語以外にも英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語などを流暢に話すことが可能

※文字数は1000文字(一度の読み上げ)までですが、複数回使えますので、実質問題はないでしょう。

『Text-to-speech』の使い方

  1. 以下のURLにアクセスします。
    http://text-to-speech.imtranslator.net/
  2. 読み上げ言語を「japanese」などにします。
  3. テキスト欄へ、テキストをペーストするか書き込みます。
  4. Language選択の横の「Say It」ボタンを押して少し待ちます。
  5. 入力したテキストを表示して、読み上げはじめます。
  6. 読み上げ速度も簡単に変更可能です。

再生すると、音声がでますので、読み上げを聞くことができます。

ちょっと便利な使い方

テキスト欄の下に以下の記述があります。

Do you want to embed this spoken text into E-mail or Web page? [Yes!]

直訳すれば、「この音声テキストをEメールまたはWebページに埋め込みますか?」ということですが、実際にはURLを送って、今まさに読み上げさせたページを、テキスト付きでそのまま表示させるようにします。

たとえば、メールにURLを添付すれば、相手がメールのテキストを読むことも、聞くことも可能ということです。

目の悪い方へのメールなどは便利ですね。

他の読み上げソフトなどと比べて

Windowsには、多数の読み上げソフトが存在します。

読み上げレベルは、様々ですが、無料のソフトなどと比べた場合は、文字数制限(1000文字)こそありますが、過去記事にして調べたなかで『Text-to-speech』は、トップレベルの読み上げ機能です。

この4ヶ月程度は、メインでUbuntuを利用していたので、Chromium(Chrome)の拡張機能を使って、読み上げを行っていました。

ところが、その拡張機能の調子が悪く、少し聴きにくい状況になり、インストールし直そうとしましたが、すでにChromeウェブストアに存在せず直すこともできません。

散々探しまわって、やっと見つけたのが『Text-to-speech』オンライン読み上げツールです。

こんなことなら、もっと早く探していればよかったと思います。

音声による文章校正も、より楽に行えるでしょう。

まとめ

とにかく流暢でビックリ

『Text-to-speech』は聴きやすく無料で使えます。

注目ポイントとしては、日本語以外にも英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語などを流暢に話すことが可能です。

※一度の読み上げで、文字数は1000文字までです。

使い方は簡単
  1. 『Text-to-speech』サイトにアクセスします。
  2. 読み上げ言語を選択。
  3. テキストをペーストするか書き込む
  4. 「Say It」ボタンを押す
  5. ほんの少し待つ
他のソフトと比較

過去記事にして調べたなかで『Text-to-speech』は、トップレベルの読み上げ機能です。

有料のサービスで、デモを利用したことがありますが、同程度レベルでした。

ぜひ一度、試してみてください。

無料で利用できるので、ちょっと広告が多く、そこが気になりますが…