無料・音声読み上げソフト…文章校正に『Balabolka』をチューンアップ!

フリーソフトを探して、やっと使えるようになった音声読み上げソフト…実際に使ってみて、あまりの読み違えの多さに愕然としていませんか?

今回は、実際に文書校正で利用しているフリーソフト『Balabolka』について、使い勝手がよくなるように、読み間違え解消チューンナップをします。

チューンナップといっても、実際には読み間違えを減らすように、辞書登録を簡単に一気に行う方法についてまとめています。

『Balabolka』について

Balabolkaはテキストファイルの音読をするプログラムです。

人の音声を再生するために、コンピューターに設定されているどのスピーチシンセサイザーでも使うことができます。

Balabolkaは、クリップボードのコンテンツを音読したり、AZW、AZW3、CHM、DjVu、DOC、EPUB、FB2、HTML、LIT、MOBI、ODT、PDB、PDF、PRC、RTF、TCR、WPDのファイル形式にあるテキストを表示したり、字体や色の設定を変えたり、グローバルショートカットキーを使って音読のプロセスを管理したり、キーボードで入力したテキストの発音や正書法の確認をしたり、テキストファイルをサイズの小さいものにして分けたり、同形異義語を探したりできます。

Balabolka ダウンロードはこちらから

『Balabolka』の設定

まず上の「Balabolka」のリンクからダウンロードします。

今回は、インストールしないタイプ(Portableバージョン)を使って説明します。

ページを下に下げると以下のようなダウンロード案内がありますので、ここからダウンロードします。

ダウンロード後は、解凍すると『Balabolka』フォルダーができ、開くと以下のようになります。

そして、「balabolka.exe」をクリックして、起動します。

音声合成エンジン「Microsoft Haruka Desktop」を利用

Windows 8以上なら、すでに搭載されているはずですので、読み上げソフトで「Microsoft Haruka Desktop」を設定してください。

フリーで使える音声合成エンジンのなかで、通常は一番問題が少ないと思われます。

もともとテストしたパソコンはWindows 10で、音声合成エンジンを使える設定になっていますので、すぐに使えました。

『Balabolka』の辞書登録方法

まず、自分の辞書を作りましょう。

下のGIFアニメに辞書の作り方がわかるようになっています。

最初は、「_default.dic」を開いて辞書がどうなっているのかを見てみましょう。

次にオリジナルの自分の辞書を、新規で作成しています。

名前は、自由につけてもらっても大丈夫です。

次のGIFアニメは作った自分の辞書に、実際に一つずつ登録しているところです。

  1. 辞書を選びます
  2. 次に編集をクリックします
  3. 「次の発音」の部分に読めない単語を入れます
  4. 上の「分析」ボタンですでに同じ登録が無いかを調べます
  5. 何も無いので、そのまま閉じます
  6. 次に「このように」の部分に正しい読み方を記載します
  7. 追加ボタンを押します
  8. そして最後に保存ボタンを押します

これで一語だけですが、単語登録ができました。

さあチューンナップ

これじゃいくら時間があっても、単語登録に途方も無い時間が必要だ…と思われることでしょう。

さすがに、そんな無駄はできませんので、時間の節約をします。

人の手を借りる

すでに誰かが作って、公開している辞書が無いかを確認します。

ここでのポイントは、完全に使えるものである必要はありません。

また、どんな形や、場合によっては違う辞書でもかまいません。

先ほど辞書の構成を確認していますので、その形に仕上げればどうにでもなります。

『Balabolka』にあうように加工しよう

つまり、以下のような法則で仕上げます。

読ませたい単語=読みかた

この形でいくつも用意します。

鮎魚女=アイナメ
鮎並=アイナメ
生憎=アイニク
媾曳=アイビキ
梧桐=アオギリ


つまり、適当な辞書がみつからなければ、あなたが必要と思う「当て字」「業界用語」「難読文字」などの一覧から作ってもよいでしょう。

辞書への登録は下のGIFアニメをご覧ください。

これで終わりです。

ちなみにちゃんと読めているか確認してみましょう。

辞書のチェックをはずしたり、チェックしたりして確認します。

辞書登録してもきちんと読めない場合

辞書登録しても読めない時があります。

それは、『Balabolka』自体が単語の範囲のとらえ方が違うので、登録したものと異なると解釈してしまっている場合です。

たとえば

「鮎魚女」

単体の単語ならば、「アイナメ」と読めますが

「鮎魚女ってどう読むのかな」

とした場合は、まともに読めないことでしょう。

その場合は、辞書を開いて

鮎魚女=アイナメ

となっているのを

鮎魚女*=アイナメ

と「*」を入れてあげます。

つまり

鮎魚女○○

となっていても

アイナメ〇〇

と読むように教えてあげていますので、これで読めるようになります。

まとめ

フリーソフト『Balabolka』について、使い勝手がよくなるように、読み間違え解消チューンナップをします。

チューンナップといっても、実際には読み間違えを減らすように、辞書登録を簡単に一気に行う方法についてまとめています。

Balabolkaはテキストファイルの音読をするプログラムです。

人の音声を再生するために、コンピューターに設定されているどのスピーチシンセサイザーでも使うことができます。

『Balabolka』の辞書登録方法

まず、自分の辞書を作ります

  1. 辞書を選び
  2. 次に編集をクリック
  3. 「次の発音」の部分に読めない単語を入れ
  4. 上の「分析」ボタンですでに同じ登録が無いかを調べ
  5. 何も無ければ、そのまま閉じ
  6. 次に「このように」の部分に正しい読み方を記載
  7. 追加ボタンを押し
  8. 最後に保存ボタンを押す

これで単語登録ができました。

チューンナップ

すでに誰かが作って公開している辞書が無いかを確認し、場合によっては違う辞書でもかまいません。

読ませたい単語=よみかた

この形でいくつも用意します。

鮎魚女=アイナメ
鮎並=アイナメ
生憎=アイニク
媾曳=アイビキ
梧桐=アオギリ


そして、一括登録すれば、一気に読めるようになります。

ただ、登録しても、うまく読めない字については

鮎魚女=アイナメ

となっているのを

鮎魚女*=アイナメ

と「*」を入れてあげます。

これで、読めるようになります。