USBメモリ内のファイルをうっかり削除『DataRecovery』で復活!

Windows PCを長い間使っていると、大切なファイルを削除してしまうこともあるでしょう。

しかし、後日そのファイルが必要になり、偶然ゴミ箱に残っていて、ホッとしたということはありませんか?

しかし、USBメモリの場合はどうでしょうか?

一般的には、一度削除してしまうと、USBメモリを開いてみても「ゴミ箱」はありませんし、消えてしまっています。

『DataRecovery』はHDDドライブもUSBメモリも復元可能なフリーソフト

ゴミ箱から削除してしまったり、USBメモリから削除したファイルを復元できる可能性があるソフト。

可能性という表現だと「な〜んだ」と思われるかも知れませんが、この種のソフトは100%の復元が可能ではありませんので悪しからず。

まずは、実際にUSBメモリにあったファイルでテスト

なんだかんだ言う前に、使えるものかを最初に確認してみます。

1.USBメモリ内にあるwebmファイルを削除します。

2.DataRecoveryを起動して、USBメモリのドライブを指定。

3.左上の「スキャン」ボタンを押して、削除したファイルがあるかを調べます。

4.復元するファイルを指定して「リカバリ」ボタンを押し、復元したファイルを置く場所を指定。

5.復元が終わると、ウインドウが開いているので、「OK」を押して終了。

6.最後は、復元したファイルが使えるかの確認を忘れずに行います。

『DataRecovery』について

動作環境

Windows 10/7

ダウンロードサイトではWindows 8/8.1の記述がありませんでした。

公式サイトでは、Windows 7までしか記載されていませんが、Windows 10でも利用可能でした。

対応するファイルシステム

NTFS、FAT12/16/32

特徴
  • フォルダ単位でも復元が可能
  • ファイル名で検索ができるので、見つからない時に利用
  • インストール不要で、USBメモリからも起動可能
  • NTFS圧縮ファイルやEFS暗号化ファイルも復元可能
  • ファイルを復元できなくする消去機能あり
操作テクニック
  • ソフトの起動は管理者権限が必要
  • 通常のスキャンで見つからない時は、ファイル名を指定したり、拡張子を指定可能
  • スキャン結果のリストはファイル名や日付でソートが可能
  • 複数ファイルを同時に選択すれば、まとめてリカバリ可能
スキャン結果リストの属性記号について
  • R 読み取り専用
  • H 隠しファイル
  • S システムファイル
  • D ディレクトリ
  • A アーカイブ
  • N ノーマル(他のいかなる属性も設定されていない場合)
  • T テンポラリファイル
  • O オフラインファイル
  • C 圧縮ファイル(NT圧縮)
  • E 暗号化ファイル
  • Rp リパースポイント
  • I インデックスビュー
  • Sp スパースファイル
    DataRecovery公式サイトより

ダウンロード

このツールは開発が終了しており、ソースコードを公開していますが、引き続き開発してくれる人を求めています。

DataRecoveryは、以前インストールタイプだったようで、その際に他のソフトのインストールをうながされたようです。

特にその件に関する厳しいコメントがいくつか見受けられます。

しかし、現在はインストール不要であり、そのような提携も解消しているとのことです。

フリーソフトでもありますし、HDDとUSBメモリなどのデータも復元できるので、持っていても良いのではないかと思います。

http://software.tokiwa.qcweb.jp/download/DataRecovery/DataRecovery.html

まとめ

『DataRecovery』は削除したファイルを復元可能

HDDドライブのゴミ箱や、USBメモリ等から削除したファイルを復元(100%ではありません)
『DataRecovery』について
  • 動作環境:Windows 10/7
  • 対応するファイルシステム:NTFS、FAT12/16/32
  • フリーソフト(現在はインストール不要)
  • USBメモリなどに入れて持ち歩ける

ダウンロードは公式サイトより