アイキャッチ画像の差別化…『Photo3Dmap』で簡単一瞬!

ニュースやブログなどネット上の媒体で、アイキャッチ画像などのイメージを使わないことは、ほとんどありえません。

ニュースは当然、その記事のイメージがりますので、同じ写真を見かける事はあまりありませんが(商品のリリース記事などは被ることがあります)、ブログなどでは、アイキャッチのイメージが同じになってしまうことが出てきます。

また、文章を得意とする人は、画像加工が苦手なことが多いかもしれませんので、ついネットにあるフリーで利用出来る画像を、そのまま使ってしまうことが多くなり、なおさら被ってしまうことでしょう。

そうならないために、以前も「1分で差別化」する方法を記載しましたので、よければ参考にしてください。

1分で済ます「なんちゃって加工編集」1分以上時間をかけないと決めて、それなりに作成する。そのためには、まず画像編集するアプリを選ぶことから。Photoshop、GIMP、Krita、PIXLR(Web)一般的な編集機能を有していればなんでもOKです。

今回は『Photo3Dmap』フリーソフトを利用

新しいソフトを使う時に、いつも思うのですが、このソフトは、使い込めるようなソフトなのかなあ…と。

しかし、この『Photo3Dmap』は、そんな心配はいらないようです。

フリー画像をダウンロードしてきて、3Dマッピングによるアイキャッチ画像を、作ることだけに使っても良いのではないかと思います。

実際には、画像の様々な編集作業を行うことができますが、アイキャッチ的な画像を作ることだけに使っても、十分に利用価値があるでしょう。

Windows用のフリーソフトですが…

この『Photo3Dmap』は、Windows用のソフトですが、Wineを介してLinuxでも利用することが可能です。

次項でご覧いただくGIFアニメは、Linux環境の『Photo3Dmap』になります。

加工するパターンを選ぶだけ

約80種類の形状モデルに対するマッピング効果があり、それらを単に選択するだけでも、一瞬で様々な画像が出力されます。

まさに、手間と技術いらずの早業です。

実際に言葉で色々と説明するよりも。以下のGIFアニメをご覧いただくほうが、早いと思います。

なんと、単に2ステップで完了!

  1. 加工する画像を開きます
  2. マッピング効果を選びます

たったコレだけで、出来上がります。

フリーソフトなので、まず試してみてはいかがでしょうか?

ダウンロード

ベクター
https://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se509854.html

作者ホームページ
http://verse.jpn.org/download/dwnldpgm.htm

簡単でも大切なことは怠らない

いくら一瞬でできるからと言っても、イメージ画像に意味を持たせられなければ、アイキャッチの意味がありません。

目立つだけではなく、タイトルに即した意味が必要です。

自分自身に言っているようなものなので、ご了承ください。

コレが結構難しかったりしますが、うまくできれば、タイトルと合わせて、本当のアイキャッチになりますね。

それに、いくら加工するからと言っても著作権には、くれぐれもご注意ください。

まとめ

『Photo3Dmap』でアイキャッチ画像を作る

画像の色々な編集作業を行うことができますが、3次元モデルのマッピングで、アイキャッチ的な画像を、作ることだけに使っても十分に利用価値があります。

Windows用のフリーソフト

Wineを介して、Linuxでも利用することが可能です。

使い方は、加工するパターンを選ぶだけ
  1. 加工する画像を開きます
  2. マッピング効果を選びます

たったコレだけです。

ダウンロード

ベクター作者ホームページから

簡単でも大切なことは怠らない
  • アイキャッチ画像は、タイトルに即した意味が必要です。
  • 著作権には、くれぐれもご注意ください。