ミニチュア・ジオラマ模型風の画像…フリーソフトで簡単作成!

スマホアプリにもあるチルトシフトカメラや変換アプリですが、海外のものであったり有料であったりします。

別に気にしていない方は、よろしいのですが、気になる人もいることでしょう。

また、なんでもスマホアプリに頼ってしまうと、バッテリーの消費も早くなってしまいますので、パソコンでやれるものはパソコンにしたいと個人的には思っています。

ということで、今回はミニチュア・ジオラマ模型風の画像へ簡単に変換できるWindowsフリーソフト「チルトシフトスタジオ」のご紹介です。

簡単にパパっと作ってみた

以下の画像は、作成時間1画像1分程度です。

どちらかといいますと、元の画像を選ぶ方に時間が取られました。

チルトシフトスタジオでの作成シーン

こんなに簡単にできますというのを、映像にしていますので、以下の動画をご覧ください。

色々とパラメータをいじっていますが、映像でわかりやすいようにしているだけですので、本来は元の画像を読み込むとデフォルトのパラメータ設定で変換され、チルトシフト画像がほぼ出来上がります。

あとは気になるところがあれば、微調整でミニチュア・ジオラマ模型風の画像が完了です。

画像だけじゃなく動画も変換できる

チルトシフトスタジオは、画像だけではなく動画も対応しています。

以前、チルトシフトスタジオを使って動画を作成していますので、よろしければ以下も参考にしてください。

チルトシフトスタジオなら、普通に撮影した動画を、ミニチュア・ジオラマ模型のような動画に簡単変換できます。3ステップで簡単作成1.動画をドラッグ&ドロップする2.各種効果や速度を調整3.動画を出力する。各種効果は、デフォルトであまりいじらないほうが良い場合もあります。

対応OS

Windows 7,8.1,10(32bit および 64bit)

扱える画像形式

  • 入力形式:JPEG, PNG
  • 出力形式:JPEG(有料版はPNGも可)

 ダウンロード

Vectorより

https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se487609.html

画像から入るとわかるチルトシフト

このソフトでパラメータを調整して作ってみると、どのパラメータをどの程度変更すると、どのように変わるのかについて、理解出来ると思います。

いままで、動画にこだわっていたためチルトシフトについて漠然と理解したつもりでいましたが、動かない画像をチルトシフト化してみてコツがつかめました。

もし、チルトシフト動画を作りたいと思った人も、最初は画像をいくつか作ってみることをおすすめします。

それから動画に進めたほうが、多分見栄えも良くなっていることでしょう。

まとめ

画像だけじゃなく動画も変換できるチルトシフトスタジオ

ミニチュア・ジオラマ模型風の画像へ簡単に変換できるWindowsフリーソフトです。

有料版もありますが、基本的には無料版で十分と思われます。

対応OS

Windows 7,8.1,10

入力画像形式

JPEG,PNG

出力画像形式

JPEG(有料版はPNGも可)

ダウンロード

Vectorより

まずは画像からチルトシフト

動画も作れますが、基本を理解するためにも画像から作ったほうが良いでしょう。

シェアする

フォローする