アプリ化…Androidスマホであのサイトも軽量コンパクトに!

WEBサイトのアプリ化が手軽にできるAndroidアプリ『Hermit・Lite Apps Browser』についての記事です。

以前もLinux OS「Peppermint 8」にインストールされているICEというソフトでアプリ化できるとお伝えしました。

今回ご紹介する『Hermit・Lite Apps Browser』は、スマホをさらに便利に使いやすくWEBサイトをアプリ化してくれます。

何がいいのか?

パソコンでアプリ化はまだ理解できるけど、スマホはもともとアプリがあるじゃないかと思っている人も多いと思います。

しかし、このアプリ化ソフトを使ってライトアプリ化すると広告をカットしたり、プライバシーの保護ができる上、通常のアプリとは異なり、通信料もわずかながら制限することができます。

しかし、WEBサイトをアプリ化するわけですから、スマホアプリ独自の機能は当然ありませんので、その点はご注意ください。

英語のアプリ化ソフトですが、訳文をご覧ください

Google playで翻訳しても、少しわかりにくい部分があるようですので、もう少しわかりやすくまとめました。

興味のあるかたはご覧いただければと思いますが、意訳している部分もあり、間違えがあるかもしれませんので、ご了承ください。

Hermit・Lite Apps Browser

Hermit・Lite Apps Browserの概要

Androidと統合した高速の小さなWebアプリケーションである『Hermit』を使用すると、大きなネイティブアプリをWebベースのライトアプリに置き換えて、独自の機能を有効にすることができます。

容量が50 MB以上の他の多くのAndroidアプリとHermit(2 MB)を比較してみてください(最も人気のあるソーシャルネットワーキングアプリをチェックしてみてください)。

さらにそれぞれのライトアプリごとに、20種類以上の設定で、以下のようにカスタマイズできます。

  • より速くブラウズ
  • データをブロック
  • 広告をブロック
  • プライバシーを保護
  • 夜間モードでブラウジング
  • リーダーモードを使用

※『Hermit』自体は無料版でも、広告は含まれていません。

『Hermit』の仕様

広告ブロッカー:すべてのWebページを細く、小さく、見栄え良くします。

ポップアップブロッカー:安全でないサイト等に新しくタブを開かせない、または携帯電話を振動させないようにします。

マルウェア対策:『Hermit』はネイティブAndroidアプリのインストールをブロックします。

JavaScript Blocker:ほとんどのページの読み込みを高速化します。

データセーバーモード:画像サイズをコンパクトにしてブラウジングを高速化します。

自動AMPリダイレクト:『Hermit』は完全なWEBページではなく、Accelerated Mobile Pages(4倍速度と10倍速度)を読み込むことができます。

厳格なプライバシーポリシー:広告はなく、行動追跡も個人情報も収集されません。

夜間モード:夜間モードでは、暗い背景と明るいテキストですべてのWebサイトを表示できます。

リーダーモード:WEBページの無駄な部分をすべて削除して記事に集中できるようにします。

クイック設定:いつでも画面の右端からスワイプして設定。

マルチウィンドウ:Android 7.0 Nougat以上のOSでは、2つのライトアプリを同時に使用できます。

直接共有:他のAndroidアプリから『Hermit』ライトアプリへのテキストとリンクを共有します。

ホーム画面のアイコン:他のブラウザでもホーム画面にアイコンを追加できますが、『Hermit』はネイティブアプリのようにAndroidにしっかりと統合します。(※補足:他のブラウザでは、アイコンは作れてもアプリのように機能しないので、WEBサイトを開くたび手動で対応する必要がある…と言いたいのではと思います)

Atom/RSSフィードからの通知:ライトアプリ化したWebサイトが新しいコンテンツを公開するとすぐに通知されます。

『Hermit』のカスタマイズ機能

カスタマイズについては、他のブラウザなどとは異なり、『Hermit』は多くの設定をカスタマイズすることができ、各ライトアプリごとに個別に保存されます。

Custom Icons(カスタムアイコン):ライトアプリのアイコンを選択、またはカスタムモノグラムを作成できます。

Color Picker(カラーピッカー):独自のテーマを作成できます。

Text Size(テキストサイズ):各サイトの設定を個別に変更して保存します。

Desktop Mode(デスクトップモード):モバイルサイトの代わりにデスクトップサイトを読み込みます。

Frameless Mode & Full-screen Mode(フレームレスモードとフルスクリーンモード):これらを試してみてください。

無料版と有料版

Free Forever(無料版):すべての機能が100%有効になっていて、広告はなく、うるさく催促しません。 2つのライトアプリに限定されています。

Premium(有料版):無制限にライトアプリのロックを解除します。

あなたが学生の場合は、Hermit Premiumを無料で喜んで提供します。
https://hermit.chimbori.com/help/studentsを参照してください。

その他の注意事項

以下の機能はOSの制限のためにAndroid 4.4 KitKatでは動作しません。

  • 写真とビデオのアップロード
  •  最近のAppsの統合
  •  ステータスバーのテーマカラー

備考

  • 広告ブロッカーはYouTubeの広告をブロックしません
  • YouTubeのビデオをダウンロードすることはできません

利用に際してのシステム要件

現在のバージョン:9.0.3

Android 4.4 以上

使い方は簡単

選択画面でアプリ化したいWEBサイトを選択して、下部にあるプラスボタンを押すとライトアプリを作ってくれます。

また、選択画面にないWEBサイトでも、URLを打ち込んで作成することができます。

あとはアンドロイドのホームなどのアイコンをクリックすれば、作ったライトアプリが起動します。

まとめ

『Hermit・Lite Apps Browser』を使ってライトアプリ化すると広告をカットしたり、プライバシーの保護ができる上、通常のアプリとは異なり、通信料もわずかながら制限可能。

スマホアプリ独自の機能は当然なし。

『Hermit』を使用すると、大きなネイティブアプリをWebベースのライトアプリに置き換えて、独自の機能を有効にすることができます。

  • より速くブラウズ
  • データをブロック
  • 広告をブロック
  • プライバシーを保護
  • 夜間モードでブラウジング
  • リーダーモードを使用

『Hermit』自体は無料版でも、広告は含まれていません。

を使い方は簡単で、選択画面でアプリ化したいWEBサイト選択して、下部にあるプラスボタンを押す。

選択画面にないWEBサイトでも、URLを打ち込んで作成可能。

あとは作ったライトアプリのアイコンをクリック。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする