SolydK 10.4…インストールと日本語入力まで!

Debian Buster 10.4ベースの SolydXK 10.4がリリースされました。

SolydXは、Xfceデスクトップ環境になっており、SolydKは、KDE デスクトップ環境になっています。

今回は、SolydK 10.4 についてインストールから日本語入力まで確認してみます。

スポンサーリンク

SolydK 10.4 のデスクトップ

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.1.8)にて起動・メニューなどの操作や日本語入力のパフォーマンス確認を行いました。

また、メモリの割当は2GBに設定しています。

 

SolydK 10.4 について

今回インストールに利用したのは「solydk_10_64_202007.iso」ファイルになります。

 

ダウンロード

公式サイト

https://solydxk.com/

ダウンロードページ

https://solydxk.com/downloads/solydk

左のメニュー部分の「Downloads」にある「Server」などからダウンロードできます。

 

インストール

VirtualBoxでインストールした手順の流れをGIFアニメ化しています。

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了します(パーティション構成についてもそのまま「次へ」で進めました)。

※ここでのインストールは、パソコン搭載のハードディスクを初期化する方法になりますので、実際に試される方はご注意ください。

 

日本語入力

日本語入力については、インストール後の再起動が終われば、入力可能になります。

 

まとめ

SolydK 10.4 のインストールについて

インストールには「solydk_10_64_202007.iso」を利用

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールと日本語入力

流れに沿って進めて行けば、簡単にインストールが完了し、再起動後は日本語入力が可能になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました