声を簡単に変えるフリーソフト…VTuberや動画のナレーションも!

最近は、VTuberを目指す人に使えるような色々なサービスや、ソフトが出てきています。

しかしながら、動画を作る場合は、音声関連のサービスは少なく、大々的にサポートしてないので、どうしようか悩まれているかたも多いのではないでしょうか?

今回は、ライブでなく、動画を作成してYouTube等へアップするのに、地声でナレーションなどを入れるのは、気になるという方へ、簡単に声を変更するフリーソフトと、その使い方をご紹介します。

もし、性別を変えたいぐらいに変換したい場合は、以下の記事がお役にたてるかも知れません。

『恋声』は簡単に男声を女声に簡単チェンジ…逆も可能です。リアルタイムで、声の高さと声の性質(フォルマント)を変えるられ、ファイル(wav、mp3)から変換することもできるWindows用のフリーソフト(Wineを介してLinuxでも利用可能)です。

簡単に声を変えるには『聞々ハヤえもん』を使う

リアルタイム変換でなく、ナレーションなどを録音した音声ファイルの音質(正確に音質と表現してよいのかわかりませんが…)を変えるソフトです。

また、自分の声じゃなくするのがポイントですので、男性の声を女性化する目的のソフトではありません。

ただし、声の質によっては男性の声でも、女性化する場合もあります。

なんだかんだ言うより、まず実際に変換したデータを用意しましたので、聴き比べてください。

聴き比べてみる

音声は、ゲームの声素材より、男性の声を2種類、女性の声が2種類あります。

なお、音量は調整していますが、念の為ご注意ください。

※以下の音声は、音程だけを変えた単純な変換です(ソフト自体はもっと色々と設定の変更が可能)。

まずは女性の声から

変換前

変換後

変換前

変換後

次は男性の声

変換前

変換後

変換前

変換後

あくまでも性別転換みたいな目的ではないので、地声じゃなくなるというのが主たる目的です。

『聞々ハヤえもん』の主な特徴

読み方がわからないと思いますのが、「ぶんぶんはやえもん」とのことです。

基本はMP3プレイヤーのフリーソフトですが、再生速度、再生周波数、音程を自由に変えることが出来ます。

読み込める音声フォーマットは、AVE、MP3、WMA、AIFF、APE、M3U、Ogg Vorbisなどです。

なお、音声を保存する場合は、WAVE、MP3、Ogg Vorbis形式に対応しています。

また、音声ファイルを一括で変換することも可能なので、音源の調整や変換を、まとめて行うことも出来ます。

使い方は簡単

聞々ハヤえもんを起動したら、音声ファイルをドラッグ&ドロップすれば再生を始めます。

音声を変換するには、変換したい設定のバーをずらすか、数値の横にある上下ボタンで変更することが出来ます。

また、直接数値を入れても対応可能です。

前述の音声サンプルは、音程だけを変えた単純なものですが、色々と調整することで、面白い音声に変化させることも出来ます。

変換した音声を保存する場合は、メニューの「ファイル」から「保存」を選択して行います。

ダウンロード

Vectorから

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se371704.html

まとめ

動画を作成してYouTube等へアップするのに、地声でナレーションなどを入れるのは、気になるという方へ

簡単に声を変更するフリーソフトと、その使い方(リアルタイム変換ではありません)。

『聞々ハヤえもん』を使う

地声じゃなくなるというのが、主たる目的の音声変換です。

  • MP3プレイヤーのフリーソフトですが、再生速度、再生周波数、音程の変換可能。
  • 読み込み可能フォーマットは、AVE、MP3、WMA、AIFF、APE、M3U、Ogg Vorbis形式など。
  • 音声を保存する場合は、WAVE、MP3、Ogg Vorbis形式。

音声変換は、音程だけ変えても簡単に変わりますし、微調整で色々細かく変化させることも可能です。

動画などに使う音声ファイルの作成は、メニューのファイルから保存を選択して行います。

ダウンロードは、Vectorから