一週間だけ使える『捨てメール』…プライバシー保護と利便性を!

一時的に必要な情報の取得やサービスの利用に、普段利用しているメールアドレスを通知するのは、もはや得策ではありません。

プライバシー情報は非常に軽くなり、情報の流出も非常に多くなっています。

そんな中、最近は捨てメールアドレスを利用出来るサービスもいくつかあり、無用なスパムもどきのセールスメールを、受け取らずに済むようになってきました。

以前の記事で紹介させてもらった捨てメールのサービスでは、15分(延長可能)だけ利用できるメールアドレスを無料でもらえます。

迷惑メール・個人情報保護の対策に『捨てメール(アドレス)』が良い!
毎日いやとなるほどの迷惑メールが…しかも、どんどん増えている状況です。そして、会員登録や、何らかのダウンロードを行うために登録したメールアドレスあてに、DMが送られてくることが、実は一番厄介です。興味があって登録などをしているわけですが、セールスはされたくない。そんな時、おすすめなのが、捨てメールアドレスです。

個人的には、なんらかの情報提供するサービスへの登録で利用していました。

捨てメールアドレスを登録することで、余計なセールスに惑わされなくで済み、必要であれば再度申し込めが良いわけです。

スポンサーリンク

ワンタイムメールは1週間使える捨てメールアドレス

前述のような15分の捨てメールアドレスですと、通販や日にちをまたぐようなサービスでは利用することができないので、困った部分もありました。

そこで、ワンタイムメールなら一週間だけ使える無料の捨てメールアドレスですので、そのような問題も解決することができます。

https://www.onetime-mail.com/

 

主な特徴

  • メールの受信、送信、返信が可能。
  • 7日間を超える延長が可能(7日過ぎた後の延長は不可)。
  • 送受信したメールを、まとめて別のメールアドレスに転送可能。
  • 全メールをmbox形式、またはcsvテキスト形式でダウンロード可能。
  • QRコード・URLを生成し、スマホや他の端末からアクセスすることも可能。
  • 好きな名前でのアカウント作成も可能。
  • 必要なくなったら、7日を待たずにアカウント削除可能。

 

好きなアカウント名で捨てメールらしくなく利用可能

一週間使えるので、捨てメールらしくないアカウント名を作成して、普通に利用する感じでメールの送受信が可能です。

しかし、普通に見えるからといって、間違ってもいたずらメールを送るのに利用しないでください。

痛い目を見るのは自分になってしまいますので、ご注意ください。

 

まとめ

使い捨てメールアドレスでプライバシーの保護とスパムの防止

ワンタイムメールなら一週間だけ使える無料の捨てメールアドレス

ワンタイムメールの主な特徴
  • メールの受信、送信、返信が可能
  • 7日間を超える延長が可能
  • 好きなアカウント名の作成可能
  • 必要なくなったら、7日を待たずに削除可能
好きなアカウント名で捨てメールらしくなく利用可能

捨てメールらしくないアカウント名を作成して、普通に利用する感じで一週間使うことができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました