Windows7でも使える仮想デスクトップ…スマホみたいに複数画面!

仮想デスクトップはWindows10の新機能ですが、これと同様のことができるフリーソフトがあります。

このソフトを使ってみると、Windows10の仮想デスクトップより、使いやすいかもしれません。

スポンサーリンク

Windows用フリーソフト『Blacksmith』で仮想デスクトップを実現

スマホの操作感を彷彿とさせる『Blacksmith』

このソフトはWindows10の仮想デスクトップよりも、スマホライクな操作感があります。

画面をスライドさせることで、複数のデスクトップを切り替えることができます。

全画面を一面に表示して切り替えることもできますが、スライド切り替えは、まるでスマホのようです。

 

Windows10の仮想デスクトップについて、ちょっと確認

Windows10の仮想デスクトップ…スマホ的で複数ディスプレイよりいいかも!
Windows10の新機能である仮想デスクトップ。デスクトップ下のWindowsアイコン横にあるタスクビュー・アイコンをクリックし、画面の右下に出た「+」のマークをさらにクリックすると、新しい仮想画面が作成できます。いくつもの画面を切り替えて使える仮想デスクトップはとても便利で、まるでスマホ画面のように使えます。

 

『Blacksmith』を動画で確認してみよう

画面だけではなく、マウスの操作も見ていただくと参考になると思います。

また、デスクトップ毎に設定された画面と一緒に見てらうことで、『Blacksmith』の良さがわかるのではないかと思います。

 

『Blacksmith』のダウンロード

公式サイト:http://jlab.xii.jp/blacksmith.html

最新バージョン:1.5.5

動作環境:Windows XP / Vista / 7

テストで、Windows10にて使ってみました。

このページの上部にある2つのスクリーンショットはWindows10のものです。

基本的な仮想デスクトップには問題がありませんでしたが、利用するアプリケーションソフトによっては、問題がでることがあるかもしれませんし、Windowsのアップデートなどで、利用できなくなることがあるかもしれません。

また、Windows8でも使えるようですが、全機能がきちんと利用できるかは不明です。

 

『Blacksmith』の便利な使い方

デスクトップ毎に壁紙を変えたり、独自のデスクトップアイコンを個別に置くことができます。
USBメモリに入れて持ち運べます。

インストールしないで、USBメモリにいれて利用することができるので、他のWindowsパソコンでも利用できます。

 

使ってみた感想

個人的にはですが、Windows10の仮想デスクトップより、『Blacksmith』の操作感が気に入っていますので、こちらのほうが良いかなと思っています。

Windows10の仮想デスクトップは、良くも悪くもパソコン的ですので…

 

まとめ

Windows用フリーソフト『Blacksmith』で仮想デスクトップを実現

Windows10の仮想デスクトップよりも、スマホライクな操作感
画面をスライドさせることで、複数のデスクトップ切り替え可能
デスクトップの全画面を一面に表示して切り替えることも

 

『Blacksmith』のダウンロード

http://jlab.xii.jp/blacksmith.html

動作環境:Windows XP / Vista / 7

 

テストで、Windows10にて使ってみました。

基本的な仮想デスクトップには問題がありませんでしたが、利用するアプリケーションソフトによっては、問題がでることがあるかもしれませんし、Windowsのアップデートなどで、利用できなくなることがあるかもしれません。

また、Windows8でも使えるようですが、全機能がきちんと利用できるかは不明です。

『Blacksmith』は、インストールしないで、USBメモリにいれてもちあるけますので、他のWindowsパソコンでも利用できます。

USBメモリにこのような役に立つソフトを色々と入れておけば、どこでも気の利いたパソコン作業ができるようになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました