生活を便利で楽にし…ダイエットでジムに通うぐらいなら家事は人力で?

現代の人、少なくとも日本は、多分ダイエットに関して相当かわいそうな状態だと思います。

美味しい食物に囲まれて、さらに色々なところでの機械化、車にいたってはもうすく自動運転が可能になりそうです(もう少しすると運転でもカロリーを減らせなくなるかも?)。

太りそうな状況に囲まれていることになります。

さらに、カロリーを消費しそうな仕事はロボットが行い、IT化でデスクワークはかろうじてあるものの、AIの導入がチョロチョロと始まってきて、そんなデスクワークですらできなくなりそうです。

まあ、もともとデスクワークを行っても営業や販売の人は、あまり意味がありませんからね。

しかし、お金さえ払えばダイエット食品や用品なども購入でき、エステや整形を利用すれば、健康的かはわかりませんがお金の力で痩せることはできます。

スポンサーリンク

生活を楽にしてジムに通う矛盾

社会がそんな状況なのに、家ではロボット掃除機に自動食器洗い機、料理するより出来合いのものを買ったほうが美味しいし、キッチンも汚れないとばかりに悪い意味(人によっては違うと思いますが……)での機械化やアウトソーシングになっていませんか?

さらには、忙しいと言いながら健康維持のためにフィットネスクラブやジムなどに通っていたりします。

これが未来の家庭像というなら、仕方ありませんが……

 

実際にカロリーを見てみよう

家事で自動化して減らなかったカロリーを計算してみます。(体重50Kgとして算出)

参照:消費カロリー早見表|株式会社タニタ

  • 掃除機がけ15分:33kcal
  • 皿洗い  20分:40kcal
  • 料理   30分:66kcal
    合計   65分:139kcal

ジョギングに換算すると23分弱という感じです。

これらの少なくとも一部分は失え無かったカロリーになります。

※基礎代謝を含んだ計算です。

 

部分的に昔のような生活に戻す

ロボット掃除機ではなく、掃除機を自分でかけて、自動食器洗い機ではなく、手でしっかりと洗って、デパートやスーパーの出来合いではなく、しっかり料理すれば、50Kgの人でジョギング23分弱程度の運動になります。

さらに、会社や通勤時になるべく階段を使うように意識するだけでも1日合計10分の昇り降りが増えたとして考えると40kcalになります。

ちなみに、60Kgの人の場合は、同じ作業内容の家事で166kcalになり、階段の昇り降り10分の追加で45kcalで、合計201kcalになります。

来月には令和になりますが、昭和に戻ったつもりで人力でできるところは極力人力にすることで、少しずつ確実にカロリーを消費していけます。

もちろん今の厳しいご時世に、財布にやさしいハウスワークでダイエットはいかがでしょうか?

 

まとめ

生活を便利で楽にしダイエットのためにジムに通う?

生活は機械化・IT化・AI化で便利に、そして健康のためにジムに通う……矛盾?

体重50Kgとして算出

  • 掃除機がけ15分(33kcal)
  • 皿洗い  20分(40kcal)
  • 料理   30分(66kcal)
  • 合計   65分で139kcal

ジョギングに換算すると23分弱

会社や通勤時になるべく階段を使い1日合計10分の昇り降りが増えた場合は40kcalになります。

60Kgの人の場合は、同じ作業内容の家事と階段の昇り降りで合計201kcalになります。

少し昔に戻ったつもりで、家事や階段の昇り降りを人力で行えば、カロリー消費も塵も積もれば山になります(習慣化するまで大変ですが…)。

ハウスワークでダイエットを地道に続けると、雨の日や休みの日でも多少カロリーを減らせます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました