Firefox アドオン騒動…派生ブラウザーは問題なかったよ!

GW中に突然はじまったFirefoxのアドオン問題。オフィスソフトなどではなくブラウザーですから、大事にはならなかったようです。

しかしながら、アドオンの機能を絶対的に必要とする人もいるでしょう。

そのような人にとっては、新たにアドオンをダウンロードやインストールしようと試みて、上手く行かずに途方に暮れたに違いありません。

今回のアドオン騒動の顛末

今回のFirefoxの問題の原因は、アドオン署名の中間CA証明書の有効期限が切れたためとのことです。

5月6日現在は、この問題に対応している最新版v66.0.4をリリース済み。ヘルプから「Firefoxについて」を選択することで、更新することが出来ます。

現時点では、使っているアドオンなどにより、全て解決していないようなのでご注意ください。

派生ブラウザーは問題がなかった

全ての派生ブラウザーで問題が無かったかはわかりませんが、利用している「Waterfox」「Abrowser」では、全く問題がありませんでした。

Waterfox については、レガシーアドオンを利用したいので、Windows PCでメインブラウザーをFirefoxから変更していました。

Abrowser については、Linux PCでデュアルブート利用しているTrisquel OS のデフォルトブラウザーだったので、そのまま利用していました。

Firefoxをメインのブラウザーにしている人は、今後なにか起こった時に役立つかもしれませんので、予備ブラウザーとして用意しておくのも良いでしょう。

プロファイルをコピーして利用

派生ブラウザーは、Firefoxからプロファイルをコピーしてクローンのように利用できます。

派生とはいえ違うブラウザーですから、同じOS内で利用が可能で、手間がかからずに使えます。

いちいちアドオンを入れ込む必要もありませんし、クッキーやパスワードも持っていけます。

プロファイルのコピー方法

Firefox を立ち上げ、タブの何も無いところを右クリックして、「メニューバー」にチェックを入れます。

メニューの「ペルプ」 > 「トラブルシューティング情報」と進みます。

「トラブルシューティング情報」の画面で「アプリケーション基本情報」の中程にある「プロファイルフォルダー 」の「ディレクトリーを開く」ボタンで、プロファイルフォルダーを開きます。

そして、”一階層上に上がる”と「XXXXXXXX.default」というような名前のフォルダーになります。

これを丸ごとコピーして、新しくインストールした派生ブラウザーの同じところにある「YYYYYYY.default」の中身を入れ替える形になります。

具体的なコピー方法
  1. 「YYYYYYY.default」をリネームし「YYYYYYY.default-back」などへ変更
  2. 「XXXXXXXX.default」を同じところにペーストし「YYYYYYY.default」とリネーム
  3. ここで派生ブラウザーを起動

インストールしたての派生ブラウザーを、クローンな状態で利用出来ます。

ただし、一部のアドオンで利用できないものがでるかもしれませんので、ご了承ください。

想定外に対応する

なんでもそうですが、バックアップのシステムを用意しておくことは重要です。

Windowsになにかあれば、linux パソコンの出番ですし、Firefoxがダメならば Chrome や、派生ブラウザーの出番です。

色々なバックアップを用意していると、必要な時は1年に一度ぐらいですが、何事も無かったかのように通り過ぎていきます。

今回のFirefoxアドオン問題のように……

まとめ

派生ブラウザーをバックアップを兼ねて普段利用に!

GWにはじまったFirefoxのアドオン問題も、ようやく収束へ

「Waterfox」「Abrowser」などの派生ブラウザーは問題なし

派生ブラウザーはプロファイルをコピーして使う

アドオンを入れ込む必要もなく、クッキーやパスワードもそのまま利用可能です。

バックアップのシステムは重要

なにかあった時、何事も無かったかのように通り過ぎることができます。