WEBサイト(パソコン情報)にアクセスし…初めて驚いた!

とある検索エンジンの上位に表示されていて、探していた情報がありそうなので「Ctrl」+「マウスクリック」で別タブに表示させて、もうひとつのページを先に見ました。

そして、いよいよそのページを見たのですが、服を着た女性がスライドのように入れ替わって、ページ真ん中に「18」の数字が見えたので、いわゆるアダルトなのかと思いました。

この段階では、詐欺的サイトなのかまだわかりません。

もとのWEBサイトの運営者が、中古ドメインとして売り出したものを購入して、アダルトにしている可能性もあるからです。

ということで、タブクローズボタンでページを消そうとしたら、いわゆるアラートが外国語で出てきました。

嫌な感じなので、もう一度タブクローズボタンを押したら、更に違うコメントがでましたが、クローズボタンを連打したら閉じました(タイムラグがあって、もう一度押せば閉じたのかもしれません)。

アクセスしたURLが安全か調べよう

とても気分が悪いので、そのURLが安全かを調べてみました。

Trend Micro Site Safety Center

トレンドマイクロによるWEBサイトの安全性を確認してくれるサービスです。

https://global.sitesafety.trendmicro.com/?cc=jp

たとえ評価が「安全」という結果だからといっても相手も研究してきていますので、評価を鵜呑みにせず注意を怠らないようにしましょう。

とりあえず確認しておけば、一定レベルの安全性は保てるでしょう。

勝手に別のURLアクセスしていないか見てみる

しかし、どうも腑に落ちません。

詐欺的サイトってこんなもの…それとも本当に中古ドメインを利用したSEOを施しただけのアダルトなのか?

ということで、ブラウザーの履歴を確認してみましたら、わかりました。

どうやら、タブクローズボタンを押して表示された外国語の表示は、別のドメインからのものでした。

当方は、ブラウザーのjavascriptを常時制限しているので、何らかの仕組みが発動しなかったのかもしれません。

このスクリプトの送信元と思われるドメインを先程のトレンドマイクロで調べたのですが、「未評価」でした。

ドメインを調べてみた

自分を過信して、その危なそうなサイトを再度アクセスして調べ、墓穴を掘りたくはないので、とりあえずドメインを Whoisで調べてみました。

結果は、WEBサイト本体は管理されたドメインで問題は無いようですが、スクリプトが書かれている別のURLについては、一致するドメインが無いようで???な結果でした(まず無いとは思いますが、データベース上の何らかの問題でわかならいということも…)。

今回は、ブラウザーのスクリプトをオフにしているので、スクリプトの書かれた別のドメインで何かあったとしても発動していませんし、タブも何回かのクリックで閉じましたので、実害はなく被害妄想ということも可能性としてはあり得ます。

じゃあそんなもん記事にするなと言われそうですが、このような流れで詐欺サイトをクリックすることがあると思いますので、注意喚起のつもりで書かせてもらいました。

まあ、このサイトは多分毎日管理者がチェックする必要がありそうなサイトなので、本当に問題があれば明日には気がつくのではと思います。

慌てなければ平気と言うけれど

ずっと不思議だったんですよ…

ワンクリック詐欺じゃないですけど、なんで引っかかるのか理解できませんでした。

しかし、「18歳以上か?」と聞かれているので、違うとこたえれば離脱できると思ってクリックしてしまったりすれば、それでアウトです。

また、タブがクローズできないし、外国語の文章でよくわからないまま画面に出ている「YES」や「NO」押してしまえば、それもアウトです。

変なサイトに出くわしたら、とにかくブラウザーをクローズです。

その後、念の為パソコンのセキュリティチェックを行いましょう。

今回は実際に詐欺的サイトなのかは、現在わかりませんが、このような詐欺的なサイトにネット慣れしていない高齢者や子供などは、慌てて余計なところをクリックしてしまうかもしれませんので、たまに注意喚起が必要ですね。

まとめ

詐欺的なアダルトサイトなのでしょうか?
  • 中古ドメインとして売り出したものを購入している可能性
  • タブクローズボタンでページを消そうとしたら、アラートが外国語で出た
  • もう一度タブクローズボタンを押すと、更に違うコメント
  • クローズボタンを連打したら閉じた
    ※当方はLinuxでブラウザーは基本的にスクリプトを常時制限しています。
そのURLが安全かを調べてみる

Trend Micro Site Safety Center

ドメインをWhoisで調べてみた

スクリプトが書かれている別のURLについては、一致するドメインが無い(データベースの問題も可能性としてある)

慌てなければ平気と言うけれど…ずっと不思議だった

でも慌てると、クリックしてしまうね…これは!

一人なら良いのですが、近くに彼女や奥さんがいたら、こんなサイトを堂々と見ているのかと思われそうで、なぜか慌ててしまう人いると思いますよ。

シェアする

フォローする