不審に見えない…心当たりあるウイルス?メールをどうする?

振り込め詐欺などに引っかかってしまった人は、いわゆる口車に乗ってしまい気がつくと後で詐欺にあったと分かります。

なぜ、最初に確認しなかったのか……他人からみると不思議でなりません。

しかし、引っかかった本人は、最後になるまで気が付かないで事が済んでしまいます。

一方メールなどから、感染してしまう場合も同じような状況になってしまっています。

手がこんでいて不審に見えない

最近の不審メールは、見た目が不審にみえないので、気がつくと相手の思う壺にはまってしまいます。

特に、心当たりがあるようなメールを送ってきたりしますので、つい相手の思惑通りに動いてしまいます。

  • 会社では、取引先からのメールに見えるように装って、緊急性があるようにしているので、あわてて開き思惑通りに行動してしまう。
  • 個人などでは、最近銀行へ振り込んだ記憶があるような人が、銀行からメールが届いたと思い、なにかトラブルかと勝手に勘違いして、不審なメールに従ってしまう。
  • 通販で商品を購入した人へ届いた宅配便を装ったメールに、勘違いして反応してしまう。
  • 小規模な通販業者などでは、販売した商品のクレームを装ったメールに立場上、仕方がなく対応してしまい不審メールの思惑通りになってしまう。

このようなことが起こったりしています。

引っかからないためにはどうする?

送信元のメールアドレスを確認しよう

メールソフトのインターフェイスをいじれるのでしたら、受信メール一覧で「送信元メールアドレス」を一番目立つようにしておくと問題が起きにくくなります。

受信メールの一覧で、メールのタイトルがメインに見える設定にしておくと(インターフェイスを変更できないソフトもあるかもしれません)、つい送信元を確認するまえに、あわてて対応して引っかかってしまう可能性があります。

ちなみに、よくつかわれる送信元のパターンは、「○○○@フリーメール」という形になっていることが多いと思われます。

○○○の部分に銀行名や宅配便名、有名な企業名などになっていることが多いので、「緊急性のあるタイトル」と、メールアドレスの@左の部分を見て引っかかってしまいます。

また、この送信元が自分のメールアドレスになっている場合もあるので、何気なく送信先になっている自分のアドレスと勝手に思い込んでスルーしてしまわないように注意が必要です。

そして、忘れてはならないのが偽装も可能だということですので、送信元の確認は本当はメールヘッダー全部を見たほうが良いのですが、それはいちいち対応できないと思うので、偽装も可能だと思うだけでも違います。

HTMLメールには対応しない方が良い

利便性が損なわれますが、テキストのみの対応にしておくことができれば安心度が増します。

添付ファイルやURLには要注意

これは、もう当然すぎて言うまでもないと思いますので、項目としてあげるだけにしておきます。

以下は、添付ファイルなどの対応について記載していますので、よろしければ参考にしてください。

基本的に迷惑メールと思われるメールを受信したら、開かないで削除。もし開けた場合でも、触らない、クリックしない、返信しない、添付ファイルは開かないで削除します。取引先やお客さんと思われるところからのメールを受信したら、添付ファイルやURLが書かれていて、行動しないと内容がよくわからない…

何らかのアクションが必要と感じたら

不審でも、心当たりがあるということですね。

それならば、以下の内容を検索してみると、解決するかもしれません。

  • 送信元メールアドレス
  • 添付ファイル名
  • 特徴的な文面
  • 記載してあるURL

検索もヒットせず、心当たりがあるのならメールからではなく、直接心当たりのある正規の窓口に連絡しましょう。

まとめ

最近のウイルスメールなどは、とても不審に見えない

心当たりがありそうなメールを送ってきます。

  • 会社:取引先からのメールに見えるように装う
  • 銀行:セキュリティ上のお知らせを装う
  • 通販:宅配便を装ったメールを装う
  • クレーム:購入した商品のクレームを装う

上記のような緊急性のありそうなメールタイトルで、添付ファイルを開かせたり、URLへアクセスさせたりしてきます。

引っかからないためにはどうする?
  • 送信元のメールアドレスを確認しよう
  • HTMLメールには対応しない方が良い
  • 添付ファイルやURLには要注意
アクションが必要な不審メールなら

検索してみると、解決するかもしれません。

  • 送信元メールアドレス
  • 添付ファイル名
  • 特徴的な文面
  • 記載してあるURL

これでもわからないなら、メールの返信ではなく直接心当たりのある正規の窓口に連絡

シェアする

フォローする