大人のピアノを遊び半分で独学…『Synthesia』で練習?

dankreiderによるPixabayから

いくつになってもピアノを弾けたら良いなって思っていますが、時間もあまりないし、「大人のピアノ教室」なんてのに行くのも気恥ずかしいので、いつまでたってもちょっとした曲も弾けません。

実は、子供の頃クラシックピアノを習っていたのですが、まともに練習していなかったので、やめてから全く弾いていないこともあり、何も演奏することができません。

元々ピアノを習っていたくせに、まともに楽譜を読むことができないので、当然といえば当然です。

それで、巡り巡って「大人のピアノ教室」で初歩からというのも良いかなって思ったのですが、費用と時間と恥ずかしさから、足が遠のいていました。

同じような状況の人で、家に何らかの電子キーボードやピアノがあるのなら、『Synthesia』を使って遊び半分で独学練習してみてはいかがでしょうか?

ノートPCやタブレットをキーボードの側において、すぐに練習できるので取り組みやすいと思います。

『Synthesia』のプレイ画面をみてみよう

この映像は、Linux OS上でプレイしているのを録画しています。

本来『Synthesia』には、Linux版はありません。

そのため、フォントがきれいに表示されていませんのでご了承ください。

再生すると音が出ますので、音量にご注意ください。

  • 譜面を表示させることができます。
  • 一時停止や、演奏の速度を変更して練習することも可能です。

『Synthesia』とは

Synthesiaは、ソフトウエアのピアノキーボードトレーナーで、MIDIファイルを演奏したり、画面上のキーボード表示に従って、キーボードの練習に利用することができます。

見ているだけでも興味深く、音楽もたのしいので練習する気分になるかもしれません。

対応OSや機種

  • Windows、Mac、Android、iPadなど
  • Wineを介して「Ver 10.5.1」はLinuxで利用可能
    ※試したのは「Peppermint 10」、特に設定も必要ありませんでしたが、当方のWineの環境があっているということもあります。

ダウンロード

公式サイト

https://synthesiagame.com/

トップからダウンロードページに行くには「Try it Free」ボタンをクリックします。

ダウンロードページ

https://synthesiagame.com/download

  • Androidは、上記ページで「Synthesia for Android」ボタンをクリックすると、Google Playへ移動します。
  • iPadは、上記ページで「Synthesia for iPad」ボタンをクリックすると、App Storeへ移動します。

アンロック仕様について

現時点の最新バージョンは「 Synthesia 10.5.1」になります。

バージョン10では、無料で利用できる楽曲が限られていますが、MIDIを聞くだけなら「鍵がはずれている」色の濃い文字の楽曲以外でも最後まで聞くことができます。

以下の選曲画面にてキーボード表示なしの状態で、鍵のはずれていない(薄い文字色の)楽曲でも聞くことだけはできます。

キーボード表示で演奏させると、以下のように途中で止まって、アンロックのお誘いがあります。

「Back」ボタンで戻し、また違う曲を演奏することが可能です。

まとめ

「大人のピアノ教室」へ行く前に『Synthesia』で遊び半分に独学

『Synthesia』は、ソフトウエアのピアノキーボードトレーナー

MIDIファイルを演奏したり、画面上のキーボード表示に従って、キーボードの練習に利用可能

対応OSや機種
  • Windows、Mac、Android、iPadなど
  • Wineを介して「Ver 10.5.1」はLinuxで利用可能(あくまでも当方の環境にて)
ダウンロード

公式サイトダウンロードページより

アンロック仕様について

無料で利用できる楽曲が限られていますが、MIDIを聞くだけなら、選曲画面でロックされている状態の楽曲でも聞くことができます。

シェアする

フォローする