溜まりに溜まった多量の動画…内容不明で困ってませんか?

いつの間にか、溜まりに溜まった録画映像や動画が、当時は大容量であった1TBの外付けハードディスクの肥やしになって、10年近くになりました。

暇が出来たら見ようと、保存というより、外付けドライブをはずしたまま、長期保管していました。

ただ、保管していただけでしたので、日付やタイトル以外に内容がよくわかりません。

もちろん録画ならタイトルで、ある程度わかりますが、見るべき内容かどうか判断に困ります。

一度整理をして、見たい内容に分けたりし始めたのですが、時間がかかってとても全部やり切れそうにないので、挫折して数年放置中です。

そんな時に限って、他の外付けHDDが2つ壊れてしまって、いよいよ仕分けしないとまずくなってきました。

多量の動画を一気に複数のサムネイル化

動画をサムネイル化して、表示するPCソフトは、いくつかありますが、以下の条件を満たすものを探しました。

  • フリーソフト(または同様のもの)であること
  • ソフト本体以外で必要なコーデックなどがある場合は、簡単に安全に追加(インストール等)できること
  • 一気に多量の動画を、複数のサムネイル化ができること
  • 出来上がったサムネイルを、データベース化して管理できること

いくつか候補はあったのですが、わかりやすく極力安心して利用できるソフトを選んだので、結果的に1つしか残りませんでした。

ただし、当方のパソコン環境ではということになります。

それは、コーデックなどが追加で必要になる場合、すでにインストールされているなど、各々のパソコンによって異なりますので、ご理解いただければと思います。

SceneExplorer(GPL)なら簡単

SceneExplorer は、GPLライセンスになっており、プログラムを実行する点においてはフリーで使えますので、ここではフリーソフトとして扱います。

なお、GPLについては、もう少し幅の広い考え方になりますので、詳しくは省かせていただきますが、GPLについてWikipediaのリンクを貼っておきます。

SceneExplorer の特徴

  • インストール不要で、もちろん無料で利用可能です。
  • 動画の入ったディレクトリを登録すれば、一気に複数の動画に対して、3枚か5枚のサムネイル画像を抽出します。
  • ハードディスクにある複数のフォルダを、一気に処理できますので、ほっておくだけで完了します。
  • 対応する動画形式は、FFmpegに依存しており、「AVI」「MP4」「FLV」などの形式は当然のこと、多くの動画ファイル形式に対応しますので、ほとんど問題ないかと思います。
  • 一度サムネイルをリスト化できれば、そのままリストを保存管理することができます。

使い方

1.ダンロード後、解凍したフォルダ内にある「SceneExplorer.exe」を起動します。

2.上部メニューの「ファイル」→「新規」で管理用のファイルを作成しておきます。

3.上部メニューの「ディレクトリ」→「ディレクトリを追加」で動画のあるディレクトリを設定(複数可)します。

4.上部メニューの「タスク」→「すべてのディレクトリをスキャン」など、やりたいことを実行します。

5.あとは、ひたすら待つだけですが、終了して何も表示されていなければ、上部メニューの「ビュー」→「すべてのアイテムを表示」で、取得したサムネイルが表示されます(左端のアイコンでも可)。

6.上部メニューの「ファイル」→「保存する」で終わりましょう。

なお、起動するとデフォルトで前回のデータベースファイルが自動的に表示されます。

また、一つの動画に対して、サムネイルの画像数は3つになっていますが、「5」つに設定可能ですので、最初にやっておくと良いでしょう。

サムネイル数を変更するには、上部メニューの「オプション」→「一般オプション」から設定できます。

対応OS

  • Windows:10/8/7
  • Linux:Wineを介して利用可能です。

ちなみに、このページで利用しているスクリーンショットは、Peppermint OS上で作成しています。

ダウンロード

Vectorから
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se517995.html

使ってみての感想

同じような機能のある他のソフトでは、コーデックが必要で、そのコーデックのインストーラーが英語であったり、アドウエアの心配があったりと、結局ダラダラ数週間いじりまわしただけで、結局すべてアンインストールしてしまいました。

それでも、動画を処分しないとまずくなってきたので、いままで試していないものがないか、目を皿のようにして探しまくっていました。

そこで、みつけたのが「SceneExplorer」ですが、あまりにそっけない説明文(Vectorにて)のため、見過ごしていました。

でも、使ってびっくりで、「SceneExplorer」はインストール不要で、コーデックは、特別なにも用意する必要がありませんでした。

ただ、「SceneExplorer」をダウンロード後に解凍し、プログラムを実行しただけです。

なお、唯一の欠点になりますが、5枚以上のサムネイルが作成できないので、映画を録画しているような場合は、別途他のフリーソフトで個別に対応します。

この件については、別の記事にしたいと思います。

映画などの長い動画を細かくサムネイル化できる!「かんたん動画サムネイルメーカー」特徴や使い方について、動画ファイルをドラッグ&ドロップでサムネイル化。デフォルトで60秒間隔でサムネイル化、変更も簡単に可能で、動画と同じフォルダにサムネイルを作成します。

まとめ

多量の動画を一気に複数サムネイル化…もちろん無料で使える

  • SceneExplorer(GPL)なら簡単でインストール不要
  • 動画の入ったディレクトリを登録
  • 一気に複数の動画に対して、3枚か5枚のサムネイル画像を抽出
  • 複数のフォルダを一気に処理でき、ほっておくだけで完了
  • FFmpegに依存のため、多くの動画ファイル形式に対応
  • サムネイルのリストを保存管理することが可能
対応OS
  • Windows:10/8/7
  • Linux:Wineを介して利用可能
ダウンロード

Vectorから