個人情報の軽視…スマホからガラケーとタブレットにするか?

スマホアプリから知らぬ間に、いろいろな情報を収集されていたり、ポイントカードの情報を令状なしで、捜査関係者に提供されたり、今や個人情報が大安売り状態になっています。

GPS機能があるスマホゲームの位置情報、ポイントカードの会員情報と購入履歴などを令状なしで、捜査当局へ提供していると報道されました。一応「通信の秘密」というものがあるのですが…サービスの利用規約には、情報を提出すると書いてあるサービスもあります。

ポイントカードの個人情報の提供

新聞などの報道によると、先日もありましたが、他にも有名なポイントカードなどの複数の運営会社では、利用ユーザーの個人情報を、もはや令状がなくても提供されてしまう可能性が大いにあるようです。

悪いことをしていないのなら、心配する必要がないと思う人もいることでしょうが、プライバシー保護の観点からも大変気になるところです。

スマホのGPS問題?

GPS情報を勝手に収集しているアプリの問題もありますので、不要な機能は、なるべく”オフ”にしているのですが、スマホアプリを使っていると、やたらGPSを利用させようとしてきます。

たしかに、GPS機能を使うほうが便利なアプリがあるのは否めませんが、何かのついでに”オン”にするように求めてばかり来るので、うんざりです。

また、通信の基地局情報やWi-Fiなどの情報をあわせると、もうどこにいっても丸見え状態です。

店舗でも顔認識データを利用

最近は、大手の店舗において、防犯カメラ以外にも顧客の顔を認識するためのカメラを設置し、人工知能を利用することで収集・分析を行い、販売に役立てるようになってきています。

報道された分析内容や利用しているデータは、顔(画像はすぐに消去しているとしていますが…)から性別と年代になりますが、普通に考えれば、店舗の利用状況や購入品、そして支払い方法なども収集していると推測できます。

だって、できるのにしないということは、特にIT系の人たちからすると考えにくいので…

まあ、問題はどこまで紐付けしているかですね。

スマホに集約しすぎは危険

なんでもできるようになってきているスマホ。

電話やメール、チャットやWEB閲覧、買い物や支払い、地図の表示やナビ機能など、個人が必要とする情報のほとんどが、スマホやスマホのアプリを通じて行うことが可能になっています。

スマホと移動手段さえあれば、基本的にはなんでもできると言えます。

非常に便利な世の中になっていますので、スマホさえ持っていれば、外出時に困ることはほぼありませんが、忘れたり、壊してしまったり、紛失・盗難となってしまうと、何もできなかったり、多大な損失になってしまいます。

それぐらい重要なアイテムになってしまったスマホですが、見方を変えるとスマホの情報さえあれば、個人の行動のほどんどすべてを掌握できるとも言えます。

まるで、ICチップを埋め込まれたペットや家畜のように…

収集・利用されている情報はどうにもできない

最近の個人情報軽視の状況や、スマホアプリなどによる勝手な情報収集問題などを考えると、スマホに集約しすぎているのは、非常に気になるところです。

情報を持っている企業や組織自体に悪気がなくても、流失・漏洩してしまうことも十分に考えられますし、その組織のたった1人が意図的になにかを行う(行わされる)こともありえます。

被害妄想だと笑う人もいるでしょうが、一度漏れた情報は戻りません。

例えば、ネットに漏れた情報は、たとえ皆が忘れても、どこかに残っていれば、いつでも思い出されてしまいます。

そんなことはするわけない…という常識論は今や通用しなくなってきています。

だって、最近のニュースをみれば、思い浮かぶいろいろな不祥事。

それを考えれば、なにが起きても不思議ではない世の中ですから…

この次はガラケーとタブレットかな?

そもそも一極集中は、ビジネスでもなんでも危険であることは、間違えありません。

売れ筋商品が1つしかない企業は、いつ潰れるかわかりませんし、一人しか有力な選手がいないチームは、いつダメになるかわかりません。

スマホだけ持っていれば何でも出来るの裏返しは、スマホがなければ何もできないということになってしまいます。

ということで、個人的に自分ならどうするということを書きたいと思います。

スバリ、ガラケー(電話とSMS)とタブレット(Wi-Fiにて利用しGPSなしで対応)にしようと思います(タブレットの代わりに、古いスマホに格安SIMを電話なしでという選択も…)。

Wi-Fiだって同じだろうと言われると思いますが、必要な時に、利用するだけにしますので、普段はタブレットの電源をオフにして対応します。

もちろん、ガラケー(フューチャーフォン)自体は、常時電源を入れておきますので、犯罪に巻き込まれたりしても、追跡してもらうことは可能なはずです。

逆にいえれば、基本的には悪いこともできないと言えます。

ただ、必要以上に情報を収集されることが少なくなると思います。

でもそれじゃ「必要な時に、パッと使えなくて不便だ」と言う方もいることでしょう。

そう感じたら、利便性か危険性(必要以上な情報収集)かを選べば良いだけですので、情報を利用されたり、流出や漏洩などを考えて、自身で判断すれば良いだけです。

また、2台持ちは面倒だと思われるかもしれませんが、スマホとモバイルバッテリーを持ったり、バッテリーの温存を考えるなら、ガラケー+タブレットという選択肢も有りではないでしょうか?

それに、最近になってガラケーに回帰という流れも起きてきていますので、そんなにおかしな話ではないと思います。

まとめ

ポイントカードの個人情報の提供は、1社だけではなく他もありそう…

最近は、店舗で顔認識データを利用し始めているという報道も…

別々のニュースではありますが、やる気になれば紐付けできますよね?

スマホに集約しすぎは、便利より危険では?

スマホの情報さえあれば、個人の行動のほどんどすべてを掌握できる。

収集・利用されている情報は個人的にどうにもできない

流失・漏洩や、その組織のたった1人が意図的になにかを行う(行わされる)こともありえます。

個人的に、次はスマホからガラケーとタブレットかな?

ガラケー(電話とSMS)とタブレット(Wi-Fiにて利用しGPSなしで対応)で、必要以上に情報を収集されることが少なくなると思います。

また、現在スマホとモバイルバッテリーを持っているなら、ガラケー+タブレットという選択肢も有りではないでしょうか?