社会・地域一覧

サイバー捜査強化を政府へ提言…容疑者への対応が不安!

善良な一般人ならば、気にすることはないハズ……パソコン遠隔捜査事件では、踏み台にされた複数人を誤認逮捕。ここで容疑者の定義を確認すると「容疑者=被疑者」、法令用語としての被疑者は、逮捕・勾留による身体的拘束を受けているか否かを問わない。

給食の完食指導・強要…脂肉の塊を丸のみしたのを思い出す!

Yahoo意識調査調べによると、約70%の人が完食指導があったと回答。嫌な思いは忘れない完食指導がトラウマになり、食材が嫌いになったり、不登校になっている。中田英寿氏は、「無理して食べるストレスの方が影響が大きい」「野菜を食べると蕁麻疹が出ることがある」……

AIによる顔認識で書店が万引抑止の実験…なんか不安!

すでにAI顔認識は小売店で利用されており、店舗支援により来店者の属性分析を行っています。一方、令状なしで行われる個人情報の提供の問題もあり気になるところです。また、顔認識技術は、すでにいくつかの国で犯罪捜査に利用中であり、誤認する問題も発生。

高齢者の相次ぐ自動車事故…”運転に自信あり”で過信者多数!

高齢者運転事故と防止対策アンケートから、80歳以上では”72.0%”が「運転に自信あり」と回答。自信過剰な状態なので、免許を自主返納は望めない?たとえ「認知機能検査」でパスしても運動機能も問題があり、75歳以上の高齢運転者は、操作不適による事故が最も多い。