起動しない…パソコンが壊れても作業を遅らせない環境を作る!

朝起きて、もしくは仕事から帰って、パソコンの電源をオンにしたのに、まともに起動しないという時、あなたはどうしますか?

普通の人ですと、何度か試してだめなら、サポートに連絡するか修理業者を調べて、修理を依頼することになるのではないでしょうか?

修理が完了するまで、待てるのでしたら良いのですが、待てなくても壊れているので、仕方がないと諦める方も多いでしょう。

いまからでも遅くはありませんので、壊れてもダメージを最小限にして、すぐにパソコン作業を復帰できるように、大掃除を兼ねてパソコン周辺環境を整備しておきませんか?

スポンサーリンク

故障のリスクを考える

色々な製品やサービスについて、多くの場合は、便利な機能を集約する方向にあります。

スマホが一番いい例でしょうが、電話機能から、パソコン機能、リモコン機能、そして支払い機能など、アプリを絡めれば出来ないことはあまりありません。

しかし、その反面スマホをなくしたり、壊したりした場合、なにもできなくなってしまいます。

ノートパソコンについても、同じような感じになっています。

ディスプレイ、パソコン本体、キーボード、タッチパッド、スピーカーなど全てが一つの筐体に収まっていますので、万一故障したら、場合によっては、全く利用できなくなってしまいます。

しかし、デスクトップパソコンの場合は、パソコン本体以外は別なので、故障のリスクもすこしだけ分散されています。

でも、普通故障するのはパソコン本体ですので、実のところリスクはあまり減っていません。

 

一番大切なのは何?

パソコンが故障して、一番困るのは何でしょうか?

意外と答えに困るのではないかと思いますが、「データ」になるはずです。

パソコンは壊れても修理できますし、買い替えも可能です。

しかし、データが入ったHDDが故障や寿命でダメになった場合、いままで何年も作成したデータ類が、復旧できる可能性はありますが、全てダメになってしまいます。

もちろん、バックアップしていれば、そこまでのデータは安全ですが、バックアップを取っていたところまでになります。

 

データを別ドライブにしてリスクヘッジ

最近は16〜32GBクラスのUSBメモリでも、千円前後で購入することができます。

各アプリケーションのデータを別ドライブに保存するだけでも、全然違うと思いますので、大掃除を兼ねて、データだけ移動させてはいかがでしょうか?

そうすれば、万一HDDが故障しても他のパソコンで利用することができます。

 

さらに進めてパソコンとOS、データを別々に

パソコン本体、OSはSUBメモリにインストールし別ドライブ化、データも別ドライブにすることで、万一のトラブルでも即作業に復帰できます(OSはクローン、データはコピーを用意しておくのを忘れない)。

実際に以下のようなパソコン環境にしていますので、よろしければ参考にしてみてください。

USBメモリに『無料OS』をインストールして作る安心PC環境!
パソコン、OS、データHDDなどを別々にセットしたパソコン環境をつくる。1.ノートパソコン 2.USBメモリOS 3.データ保存用外付けHDD 4.大型ディスプレイ 5.キーボード 6.マウス。これで、パソコン自体はこわれても、全く問題ありません。3番のデータ保存用外付けHDDだけ生きていれば、あとはすべて代替可能です。

 

ちなみに修理代は意外と高い

今の世の中は、何かを修理する場合に新品を購入するのと比べても、それほど変わらない費用が必要になっています。

パソコンの場合、業者によっては異なりますが、技術料や作業料、交換部品代金などが必要になって、修理内容により、2〜3万円程度になることも多いでしょう。

つまり、新しい低価格帯のパソコンが購入できる金額になってしまいます。

Vista サポート終了で…スティック型PCでWindowsはどうなの?
PC買い替えたいけど、費用をあまりかけられない、スマホがメイン、長時間の利用はしない、タブレットじゃちょっと、旧PCからWindowsソフトは利用したいというような方に向いているスティック型PC。Windows 10搭載で、1万円以下で購入できるものもありますが…
デスクトップPCから超省スペースなスティックPCへ…それとも?
今後半年以内を目処に省スペースなPCを購入予定。現状の候補機種の他候補との差別化ポイント、キーボードPC:ネットワークに有線LANもあり、形状がキーボード、スティックPCではDiginnos StickとVivoStickでメモリが4GBあるタイプで…

 

パソコンは単なるパーツ扱いにしてみる

パソコン(特にノートやモバイル)をスマホのような何でもできるデバイスにするのではなく、外付けHDDレベルの周辺機器並に扱うことで、取り替え可能なパソコン環境が出来ます。

まずはデータのみ別のUSBメモリにするところから始めてみてはいかがでしょうか?

メモリ4GB程度の低価格パソコンでも、YouTubeへアップするような軽い動画レベルなら編集可能ですし、当然通常のビジネス用途や、家庭でのWEB閲覧、メール、SNS、画像編集などもできます。

ただし、アプリケーションによっては、OSを選ぶ必要があるかもしれません。

 

まとめ

色々な製品やサービスについて、便利な機能を集約する方向にあります。

ノートパソコンについても、同じように、ディスプレイ、パソコン本体、キーボード、タッチパッド、スピーカーなど全てが一つの筐体に収まっています。

これだと、なにか問題が起きると、ちょっとしたことでも使えなくなってしまいます。

パソコンが故障して、一番困るのは「データ」

データを別ドライブにすれば、万一パソコンが故障しても他のパソコンで利用することができます。

もちろん、OSも別ドライブにしたりすれば、更に安全になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました