無料OS『Pardus』…ちょい手間インストールと日本語入力!

前回は、Pardus 17の特徴についての内容でしたが、今回はインストールと日本語入力についてまとめています。

なお、よろしければ前記事も参考にしていただければと思います。

Pardusは、TÜBİTAK ULAKBİMによって開発されたDebianベースのディストリビューションです。デフォルトのXFCEデスクトップ環境は、軽量で使いやすく、システムリソースの削減とシステムスピードの向上を目指し、システム要件は低くなっています。

インストールと起動テストについて

インストールテストは、VirtualBox Ver5.2.8にて、計2回行っています。

ライブ起動テストは、元Windows 7 professional(64bit)パソコンで行いました。

USBメモリへの書き込み

今回は、UNetbootinにて作成しています。

問題なくライブ起動出来ています。

USBメモリへの書き込み方法は、以下の記事を参考にしてください。

先日もWindowsがサイバー攻撃され、相当数のパソコンが『WannaCry』に感染しました。 その後は落ち着いているようですが、また...

インストールは少しステップが多い

インストールは、パソコンのHDDのOSを入れ替えるパターンです。

※デュアルブートの場合は、途中が異なりますので、ご注意願います。

それぞれの選択項目を記載してありますので、選択したら「続ける」などをクリックしてください。

以下のGIFアニメのナンバーは、下記とリンクしています。

※USBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. 「English」を選択
  2. 「Parudus Live」まずはライブ起動で様子見
  3. デスクトップ画面左下の豹のマークからメニューを起動
  4. 「Install Pardus」を選択
  5. インストーラーが立ち上がり、言語で「Japanese」を選択
  6. ロケーション、場所の選択で「日本」を選択
  7. キーボードの設定で「日本語」を選択
  8. ネットワークの設定では、VertualBoxでテストなので、ここでは「空」設定
  9. ユーザー名の入力設定
  10. ユーザーアカウント名の入力設定
  11. パスワードを入力設定
  12. ディスクのパーティショニングは「ガイド-ディスク全体を使う」を選択
  13. パーティショニングするディスクの選択はそのまま
  14. 「すべてのファイルを1つのパーティションに」を選択
  15. 書き込み確認で、問題がなければ書き込みを設定
  16. Debianアーカイブミラーホスト名はそのまま
  17. マスターブートレコードにGRUBブートローダーをインストール「はい」を選択
  18. ブートローダーをインストールするデバイスを選択
  19. インストールが完了し、インストールメディアを抜き出して再起動

アップデートと日本語入力について

コマンドで行う方が簡単ですので、端末を起動させて、以下のコマンドを実行します。

まずは、アップデートしておきます。

$ sudo apt-get update

日本語入力は「fcitx mozc」をインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc

インストールの途中で確認がありましたら、「Y」で進めてください。

ログアウト、ログインを行ってから、日本語の入力確認をしてください。

まとめ

インストールと起動テスト

インストールは、VirtualBox Ver5.2.8にて、計2回

ライブ起動は、元Windows 7 professional(64bit)PC

上記内容で確認しています。

USBメモリへの書き込み

UNetbootinにて作成し、問題なくライブ起動できます。

Pardus 17のインストール

若干手間がかかりますが、各ステップをしっかり確認すれば問題ありません。

日本語入力は別

こちらは、コマンドでサッとやってしまいます。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install fcitx-mozc