Googleアプリ『Storyboard』面白い…動画からマンガを自動生成!

やっと試すことができました『Storyboard』…Googleの実験的アプリなのですが、AIを利用して動画を自動で勝手に、マンガ風にレイアウトしてくれるというこのアプリ。

なぜ、リリース後2ヶ月も待ったかといいますと、システム要件が、Android 5.0以上であり、エミュレーター3種を試しても対応できずに、実機が必要で現在に至ってしまったわけです。

ということで、やっと新しいデバイスを入手したので、『Storyboard』をご紹介します。

まずは、完全にお任せにして作成

勝手にやってくれるのが売りなので、な〜んも考えずにやってみることにしました。

とりあえず動画は、必要ですから、以下の動画を用意して何ができるのか見てみます。

出力された画像4つを横に繋いだのが、このページのトップにある画像です。

要約のようになっているだけで、なんだかストーリーがわかりません。

もともとそういう動画ではありますので、要点を絞っていくつかのテーマで動画を切り分けてみます。

ポイントを絞った動画を2つ用意

自撮りをしながらみんなで飛び込む
3人で飛び込もうとしている!?

この2つの動画を、先ほどの長めの動画から切り分けてつくりましたので、さてどうなるでしょうか?

まずは、ひとつ目「自撮りをしながらみんなで飛び込む」

次は、「3人で飛び込もうとしている!?」

こいつは結構いいんじゃない!?

「3人で飛び込もうとしている!?」このミニ動画からできた画像で、面白い感じのがあったので、吹き出しでセリフをつけてみました。

これはPCで作業していますが、スマホアプリにもあるので、合わせ技でコミック作品ができそうです。

使ってみた感想等

Googleの実験的なAI・人工知能アプリなので、使い方次第で色々な作品を作ることができそうです。

今回は、1つの動画からいくつかのシーンを切り出して、それぞれについてStoryboardで作らせて、吹き出しセリフをいれたら、ちょっとしたコミック作品ができるかもしれません。

可能性を感じるアプリですので、本当はPC上でエミュレーターで使えると便利なのですが、残念ながらダメでした。

ちなみに、ダメだったのは以下の3つ(Windows 10にて)。

  • Genymotion:Nexus 7、Galaxy S6、Pixel 8の3機種でエラーが出てインストールできず
  • NoxPlayer6:インストールはできても、問題が発生して終了
  • Windroy:インストール状態にもならず

上記以外は試していないのでわかりませんし、あくまでもテストした環境下におけるものかもしれません。

Storyboardの使い方

書くまでも無いので、流れだけにしますが、加工するビデオを選んで、画面出力された画像が気に入るまで、ひたすら下へスワイプするだけで、次々と新しく出力されます。

気に入ったものができたら、画面をタップして、保存するなりシェアするだけです。

システム要件

Android 5.0 以上であり、iOS版は現在ありません。

ダウンロード

Google Play

まとめ

Storyboardは、AIを利用して動画を自動で勝手に、マンガ風にレイアウトしてくれるというGoogleの実験的アプリ。

完全にお任せで長い動画から作るより、ポイントを絞った短い動画にパート分けして、作ってもらうといい感じにできます。

さらに、吹き出しアプリで加工することで、コミックになってしまいますので、Storyboardを使ったコミックブック作成も可能です。

ひとつだけ残念なのが、PC上でエミュレーターで使えなかった点で、スマホやタブレット上からしかできませんでした。

システム要件:Android 5.0 以上

ダウンロード:Google Play