AI・人工知能が絵を評価『お絵かきバトル』iPhoneアプリが面白い!

最近のAIブームにより、色々なところでAIを利用したサービスや製品、そしてアプリケーションが出てきています。

そんな中、今回は絵心をAIによって評価してもらえるiPhoneアプリ、『お絵かきバトル』を使ってみました。

『お絵かきバトル』は、あなたの絵をAIが評価

あなたの描いた絵に、AIによる点数とコメントが表示されます。

AIによるコメントは、割とポイントを突いているようで、個人的にはコメントの方が面白い感じです。

Googleの「Quick, Draw!」と比べて

AIによって絵を判定するGoogleのWEBアプリ「Quick, Draw!」があります。

https://quickdraw.withgoogle.com

これは、2016年11月にリリースされており、20秒という短い時間に題目の絵を描くのですが、とにかく忙しくて、ちょっとミスるとそこで時間切れという感じでした。

絵の出来栄えよりも、完成させるほうが大事になってくるので、特徴を掴んだ絵を手早く表現することができないといけません。

ですので、絵心よりも、特徴をマーク化する能力が必要な感じでした。

『お絵かきバトル』の遊び方

人工知能から出題された絵の題目に対して、スマホ画面に制限時間内で、イラストをフリーハンドで描きます。

書き上がった絵に、AIにより採点されて、スケッチの論評コメントも…

評価については、題目に対する「表現力」と「画風」について、それぞれ採点します。

制限時間は、60秒(やり続けると変わってくるかもしれません)与えてくれますので、それなりにしっかりと描くことができ、「Quick, Draw!」のように、時間が足りないという欲求不満は、ほとんど感じません。

また、出来上がった絵で、自分でも良かったと思うものは、AIでも高得点になるようなので、ある程度の評価の信頼性はありそうです。

大人から子供まで、家族や友人と楽しむことができるAIアプリです。

推奨環境(バージョン1.2)

iOS 11.0以降、iPhone6以降、iPhone SE、iPadAir以降

ダウンロード

App Store

高得点を出すポイント

どのAIを利用しているのかわかりませんが、GoogleのAIアプリ「Quick, Draw!」から想定して、高得点をだせるポイントは、以下のとおりではと推測します(当然といえば当然ですが…)。

  • 特徴的な部分を忘れずに表現する
    たとえば四足動物なら、みな同じようになってしまいますので、キリンなら斑点などの模様と、首や足の長さというような特徴を、強化して描く必要が有ります。
  • 描く順番にも意識するとなお良い
    特徴的な部分から描きたくなることもあるでしょうが、まず全体像から描き、特徴的な細部を後から時間の許す限り描くほうが、AIが理解しやすいのではと思われます。

まとめ

iPhoneアプリ『お絵かきバトル』は、あなたの絵をAIが評価します。

『お絵かきバトル』の遊び方は、題目に対して制限時間内で、イラストをフリーハンドで描きます。

あなたの描いた絵に、「表現力」と「画風」について、それぞれ採点し、論評も!

推奨環境

iOS 11.0以降、iPhone6以降、iPhone SE、iPadAir以降

ダウンロードはApp Storeから

高得点を出すポイント(推測)
  • 特徴的な部分を忘れずに表現する
  • 描く順番にも意識するとなお良い

先日1月23日にリリースされたようで、¥240だったのですが、現在無料セール中のようで、広告が入るアプリになっています。

有料になると、広告が消えるのかどうかわかりませんが、原稿の記載時点ではまだ無料でしたので、気になる方は早めにどうぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする