終活・思い立ったら即実行…不慮の事後死も3%程度!

厚生労働省の「平成27年都道府県別生命表の概況」によると不慮の事故死は、全国平均で、男性「3.21%」、女性「2.43%」になっています。

つまり、100人中3人程度は、不慮の事故によって亡くなっていることになります。

もちろん、即死ばかりではないでしょうが、多くの方は、事故でなくなる場合に遺言がやっとでしょうし、色々自分で整理することなんか出来るわけがありません。

今回は、突然やってきた不慮の事故などでの終活について、銀行や保険などの比較的対応が取りやすいものではなく、パソコンなどのデジタルデータやオンラインサービスの各種データについて考えてみたいと思います。

これからは不慮の事故や災害死がもっと増えるかも?

首都圏や南海トラフ巨大地震が、この30年以内に発生する確率は70%程度あるようなので、もしそんなことになれば、該当地域では3%どころか、ふた桁レベルに跳ね上がることでしょう。

いま、まさにこの瞬間に何が起こるかわかりませんので、そのうちに色々と整理すればいいやと思っていると、わかっていたのに…と後悔することになるかもしれません。

PCのデジタルデータを整理するのは当然

スマホにも色々なデータがあるとは思いますが、バックアップを取ったりしているのは、PCだったり、オンラインのストレージだったりすると思います。

以前、普段使っているPCのデジタルデータ終活について、効果的と思われるアプリケーションソフトを記事にしていますので、以下を参考にしていただければと思います。

高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておく遺言やエンディングノート。 では、若い人はどうかと言えば、遺言やエンデ...

SNSアカウントや各種ポイント

これは、利用規約によって左右されますが、多くは利用者が死亡した場合、譲渡や相続なとが出来ないことが多いようです。

つまり、死亡により、IDやPASSが不明なため、サービス運営会社に連絡しても、そのまま利用したり、データをダウンロードするなど出来ないこともあります。

遺言なので家族に、IDとPASSを伝えてあれば、解約したりデータをダウンロードすることもスムーズにできますので、契約しているサービスについては、整理してまとめておく必要があります。

家族も知らないちょっとしたSNSで、ずっと亡くなってからも写真や、書き込みが残り続けるのもどうかと思います。

家族や残された人たち、または故人本人が望んで残すならば良いのですが、不慮の事故などで亡くなった場合は、そのまま放置されてしまいます。

ネットバンクやネット上の口座取引

ネットバンクには現物の通帳がない(ファイル出力はできる)と思いますので、残された家族は何も知らせなければ、ネットバンクに口座を持っていることに、気付かないかもしれません。

また、株やFXなどの取引口座なども、小遣い稼ぎのつもりで、家族に内緒で利用することもあるかもしれません。

なかには、不慮の事故で亡くなって、そのまま放置状態になっていたFXなどで、大損失なんていう話もあるようです。

データ仕分けをスグにはじめよう

残すデータや処分するデータの整理をスグに始めましょう。

そのうちは、ほとんどしないと同義語になってしまうでしょう。

データは日々更新していきますので、そのうちまとまったらというような考えでいると、いつまでも始めることができません。

残すデータや削除するデータ

まずは、残すデータとして、ネットバングやオンライン取引のIDやPASSなどをリスト化してまとめましょう。

次に、停止してもらうサービスなどについてまとめます。

最後に、削除する仕組みをセットして、とりあえず終活の最初の段階が終わります。

リスト化は、紙ベースのほうが良いかもしれません。

もし、データ化する場合も暗号化したら、残された家族が読めなくて、何もできないということになっても問題です。

もちろん、そのまま単にPCに保存しておくのは、非常に危険です。

なんらかの、対策が必要になるでしょう。

そして、これらの作業は、随時メンテナンスが必要ですので、誕生日や正月など、特定の日を決めて随時行う必要があります。

まとめ

100人中3人程度は、不慮の事故によって亡くなっています。

首都圏や南海トラフ巨大地震が、この30年以内に発生する確率は70%程度あり、これらのエリアの方は、いつ不慮の事故や災害死になるかもわかりません。

デジタルデータを整理しよう
  • PCのデジタルデータ
    死亡時には自動で削除できる対応を取る(フリーソフトで対応)
  • SNSアカウントや各種ポイント
    停止したりできるように情報を整理(不要なアカウントは早めに処分)
  • ネットバンクやネット上の口座取引
    IDやPASSをリスト化(できれば紙ベース)

そして、これらのメンテナンスを定期的に日にちを決めて行いましょう。