Zorin OS 15 Core…インストールしてみた!

Zorin OS 15 Coreのベータ版を試してから2ヶ月半ほど待ちましたが、やっと安定版がリリースされました。

今回は、Zorin OS 15 Core のインストールについてまとめています。

なお、以前のベータ版についての記事も、よろしければ参考にしてください。

Zorin OS 15 Core Beta をお試ししました。特徴は次のとおりです。Auto Themeでライトとダークモード切り替え可能。Night Lightでブルーライトの量を減少設定。Zorin ConnectでPCとAndroid端末と統合。

Zorin OS 15 Core デスクトップの雰囲気

以下の映像は、VirtualBox(Ver.6.0.8)にて起動・メニューなどの操作確認を行いました。

なお、メモリの割当は2GBに設定しています。

Zorin OS 15 Core について

今回は、「Zorin-OS-15-Core-64-bit.iso」を利用して、インストールを行いました。

ダウンロード

公式サイト

https://zorinos.com/

ダウンロードページ

https://zorinos.com/download/#core

上記リンクは、直接「Zorin OS 15 Core」のところが表示されますが、同一ページ内の上部には「Zorin OS 15 Ultimate」があり、こちらは有料と表記されていますので注意してください。

インストールについて

以下のGIFアニメのナンバーは、下記ステップのナンバーで、選択項目を記載しておきますので、選択したら「続ける」などをクリックして進めてください。

※実機ではUSBメモリを差し込んで起動しますが、元のOSが立ち上がった場合は、BIOS等の設定が必要です。

  1. 起動メニューの「Try or Install Zorin OS」を選択
  2. インストーラーが起動し、最初に言語設定で、「日本語」を選択し「Zorin OSをインストール」をクリック
  3. キーボードのレイアウト設定で、すでにレイアウト「日本語」と、右側は使っているキーボードの種類を選択
  4. アップデートと他のソフトウエア設定で、ここではそのまま(状況によって変えてください)
  5. インストールの種類の設定では、「ディスクを削除してZorin OSをインストール」をそのまま選択
    ※現在のハードディスクの内容が削除されますので、ご注意ください。
  6. ディスクの変更、書き込みの確認
  7. タイムゾーンの設定で、「Tokyo」になっていれば、そのまま設定
  8. ユーザー情報入力画面で、ユーザー名とパスワード等を入力
  9. インストール作業中ですので、数十分ていど待つ
  10. インストールが完了したので、「今すぐ再起動する」をクリックして再起動
  11. ここでインストールメディアを抜き「Enter」キーを押す

日本語入力について

再起動後、すでに「iBus」が設定されており、日本語入力できるようになっていますが、入力切換がスムーズではないようなので、fcitxをインストールして対応しました。

ベータ版のときは、特に気になるところはなかったように思うのですが……記憶違いでしょうか?

まとめ

Zorin OS 15 Core のインストールなど

「Zorin-OS-15-Core-64-bit.iso」を利用しています。

ダウンロード

公式サイトのダウンロードページより

インストールについて

インストールは、わかりやすく最初に日本語を選ぶとあとは、ユーザーネームとパスワードぐらいで、ほとんど「続ける」などをクリックするだけで終了します。

日本語入力について

そのままでも可能ですが、fcitxに慣れているかたは、変えたほうがよいかもしれません。